「楽天ジャパンオープン」(日本・ 東京/9月30日~10月6日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス2回戦で、世界56位のジョーダン・トンプソン(オーストラリア)をストレートで破り、ベスト8に進出した世界127位のダニエル太郎(日本/エイブル)。そのダニエルが試合後の記者会見に臨んだが、笑いにあふれ、リラックスした雰囲気が印象的なものとなった。

試合についてダニエルは「ちょっと引き気味になったところはあって。そこでもアグレッシブというか、試合全体の流れを保つためにふり続けるというのを次の試合ではもうちょっと上手くやりたいと思います。今日は引いちゃっても勝てたんですが、それで相手が挽回するパターンも多いので、それを防ぐために今日から少し学ぼうかなと思います」と振り返った。

好調のサーブについては「この何週間かサーブのちょこちょこしたテクニックのところに集中してきていて。サーブのモーションだけでなく、その前の構え方とかかっこつけたり。タフなポイントで疲れた様子で打ちに行くのがまずいので、もっと背伸びした感じで『何こいつかっこつけてんの?』みたいな態度でサーブを打ちに行くときはもっとスムーズにいけているので、そういうところからも考えています。俺がポイントを始めるんだ、みたいなスイッチを入れる感じとか、ちょこちょこ考えています」と語った。このかっこつけて、という発言には記者たちから笑いが漏れた。

そして「そういうのはよく父親やコーチに言われていて。良いサーバーは打つ前がかっこいいみたいな。ちょっと俳優が持っているようなオーラを持っているので。そういうところはこれからつけていきたいなと思いますね」と、サーブは打つ前も大事、ということを改めて語った。

参考にしている人はいるか、という質問には「もちろんそこまではいきたくはないけど、ニック・キリオス(オーストラリア)の30%くらいまでで抑えたいですね。彼まで行くとちょっとやばいことになりそうなので」と語り、会場からは大きな笑いが起こった。

「後はロジャー・フェデラー(スイス)も軽いところがあるので、そういうちょっとした、テニスを知らない人なら見えないようなところですね」「自分でもボールを弾ませていて分かるんですよ。上手く弾ませているときは良いサーブが打てそうだと感じるときがあるので」と、笑いを交えながら理想はキリオス(ただし30%くらい)とフェデラーと語った。

明日の準々決勝で対戦する相手は世界80位のジョン・ミルマン(オーストラリア)に決まった。そのことについては「彼は去年フェデラーに勝っているし、全米でベスト8に行っているし。ランキングはすごく高くはないですが、ここにいても全然おかしくない選手で、タフですね」と語った。

さらに「ボルナ・チョリッチ(クロアチア)に勝ったからミルマンには絶対勝たないといけないみたいな声は出てくると思いますが、それでも僕はチャレンジャーの立場ですよ。賭けの場合だったら、僕に賭けて僕が勝ったらもっと儲かると思いますよ」とここでもジョークを欠かさない。

幾度も笑いが起こり、リラックスムードで行われた記者会見。初めての同大会ベスト8進出という状況にも大きなプレッシャーは感じていないようだ。

ダニエル太郎とミルマンの準々決勝は大会5日目、10月4日の13時頃試合開始予定。テニスデイリーでは、サイト上で試合速報を行う予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「楽天ジャパンオープン」でのダニエル太郎