稲毛田渉(いなげた・わたる)
●守備 投手●身長・体重 183cm・88kg
●生年月日 1997年7月11日●所属 仙台大
●球歴 帝京高→仙台大●出身地 東京都●投打 右右

 近年メキメキと力をつけ、仙台六大学野球リーグで全国的強豪の東北福祉大と毎シーズン激闘を繰り広げる仙台大。その大きな要因の1つに好投手が続々と輩出されていることがある。

 今年は稲毛田渉、大関友久、小林快の3人が10月17日のドラフト会議に向けてプロ志望届を提出。その中でも特に期待がかかるのがエースを任されている稲毛田だ。

 出身は東京都目黒区。中学時代は巨人戦での乱闘で「クロマティに殴られた男」としてお馴染みの宮下昌己氏(元中日、西武投手)がコーチとして指導する東京青山リトルシニアに在籍。土曜・日曜に猛練習をするチームで、最初はついていくのもやっとだった。ようやくついていけるようになったかと思うと今度は怪我。だが宮下氏の配慮により、チームの練習に足を運び、なおかつ体を鍛えられるようにと、敷地内での畑作業をしたこともある。

 中学2年の秋から万全の状態となって投げられるようになると、チームとしてはなかなか勝てなかったが、宮下氏から「投手としてのあるべき姿」など様々なものを吸収。「高校の練習に合流する前日でも20時まで練習しました」と苦笑いするほどの豊富な練習を積むと、名門・帝京高でも前田三夫監督のもと、逞しく育った。甲子園出場こそならなかったが東東京大会4強進出に貢献した。

 大学は前田監督の勧めで投手育成に長ける仙台大に進学。入学前に「負けない投手になりたいですね。4年後、プロ野球選手になれるよう頑張ります」と話していた通り着実に成長。

 馬場皐輔(阪神)と熊原健人(DeNA→楽天)を、それぞれドラフト1位と2位でプロの世界に送り出した森本吉謙監督と坪井俊樹コーチ(元ロッテ投手)のもとで、最高球速は入学前の140キロ前後から153キロにまで到達。変化球もカットボール、カーブ、チェンジアップ、ツーシームを投げる。

 この秋は、春に投げ下ろすことを意識するあまりフォームの再現性が低くなっていたため、藤川球児(阪神)を参考に流れ良く腕を振り、自然と角度を出して行けるように改良。常時の球速が上がってきており手応えを掴んでいる。

 ドラフト会議は目前だが、稲毛田入学前の2015年春以来の全国大会出場に向けた試合が残っている。それだけに「優勝に向けて勝てる投球をできるよう、これまでやってきたことを出したいです」と話す。各カテゴリーで経験豊富な指導者から薫陶を受けてきた成果を、まずはこの秋ひとつの形にしたいと意気込んでいる。

文・写真=高木遊