岸 潤一郎(きしじゅんいちろう)
●守備 外野手 ●身長・体重 174cm・77kg
●生年月日1996年12月08日●所属 四国IL徳島
●球歴 明徳義塾高 – 拓大 – 四国IL徳島
●出身地 兵庫県●投打 右右

 兵庫県尼崎市出身。4歳から尼崎市立難波小3年までは空手・少林拳に通った後、成徳イーグルスで軟式野球を始める。この時のポジションは捕手。後に明徳義塾でも捕手を一時期務めた経験を持つなど、ユーティリティー性の才能はこの時から持ち合わせていた。

 その後、金楽寺少年野球クラブに移籍し6年時には「NPB 12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP 2008」にオリックス・バファローズジュニアとして参加。当時のポジション表記は「全部」である。

 尼崎市立中央中では西淀ボーイズ(大阪)に入団。主に投手を務め3年時には「NOMO JAPAN」に選出されるなど順調な成長を見せ、明徳義塾(高知)に入学すると1年春の四国大会でデビュー。甲子園には1年夏(ベスト4)、2年夏(ベスト8)、3年春夏の4度出場し、最後は「主将・エース・4番」の重責を長崎国体優勝で果たした。当時の最速は146キロ・高校通算24本塁打。

 ただ、拓殖大進学後は右ひじ、右肩の痛みに悩まされることになり手術を行うも3年秋には退部・退学。「バットやボールも見るのも嫌だった」と野球から完全に離れようとする時期もあった。

 しかし、そんな彼を徳島の地と「高校時代には隠していた」50メートル走5秒9の足が救う。熱心な球団フロントの誘いを受け、2017年10月に四国アイランドリーグplus所属・徳島インディゴソックスに入団した岸は、2018年は一塁手・外野手としてプレー。俊足を利した広い守備範囲と「1球目からスタートを切ることで相手にプレッシャーを与えることを考えている」走塁で218打数60安打・打率.275・3本塁打17打点38盗塁でベストナインと盗塁王のタイトルを獲得している。
 
 そしてドラフト解禁年となった今季は、中学時代以来となる遊撃手にも挑戦。243打数65安打・打率.267・3本塁打25打点35盗塁をマークする一方、四国アイランドリーグplus選抜チームとしての北米遠征では中堅手として81打数26安打・打率.321・1本塁打5打点4盗塁。外国人投手への対応力も示した。

 口癖は「今やれることを全力で」。高知・明徳義塾の4番エースとして聖地を沸かせた男は、ユーティリティー制優れる俊足野手として、表舞台への帰還を果たそうとしている。