9月12日、東京ゲームショウ2019にて、国際eスポーツ連盟(以下、IESF)が主催する 「第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」への出場を懸けた、『ウイニングイレブン 2020』の日本代表決定戦が実施された。

「第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」は12月11日~15日に、韓国ソウルにて開催されるIESFが主催する国際eスポーツ大会。東京ゲームショウ2019にて実施される日本代表決定戦には、国内からウイニングイレブンの有力選手8名が招待され、熱戦が繰り広げられた。

激闘を制して「第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」への出場権を手にしたのは、YOSHIMOTO Gamings所属のうでぃ選手。同選手は、日本代表決定戦での優勝をもって、JeSU発行のプロライセンスを獲得した。

以下、YOSHIMOTO Gamingsのプレスリリースおよび、うでぃ選手のVAMOLA独自コメントをお伝えする。


(写真:日本代表決定戦・会場の様子)

■YOSHIMOTO Gamingsプレスリリース

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

9月12日(木)に幕張メッセにて開催されたIeSF「第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」eFootball ウイニングイレブン 2020 日本代表決定戦にて、決勝戦でレバ選手との激闘を制し所属eSports選手の”うでぃ”が優勝し、日本代表に選出された旨をご報告させて頂きます。また、本大会に優勝した”うでぃ”は、JeSU発行のプロライセンスも獲得致しました。

世界大会は12月に開催予定となっております。世界大会での”うでぃ”の活躍に、どうぞご期待頂ければと存じます。

引用:YOSHIMOTO Gamingsプレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000282.000029501.html

■うでぃ選手公式コメント

まず、今回招待選手として「eFootball ウイニングイレブン 2020 日本代表決決定戦」に参加できたことを大変嬉しく思っています。

前作の大会で優秀な成績を収めた方々が参加するハイレベルな大会。3回勝てば世界大会への切符を得ると言うことでこんなチャンスは滅多にないと思い、しっかり練習して挑みました。

どの試合も運にも助けられギリギリでなんとか勝つことが出来て本当に嬉しかったです。
12月にソウルで行われる世界大会では日本の代表として恥ずかしくない成績を残したいです。

それまでにまだ時間は沢山ありますので日々練習していくつもりです。
今後とも応援の程よろしくお願いします。

引用:YOSHIMOTO Gamingsプレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000282.000029501.html

■VAMOLA独自コメント

上記コメントを受け、VAMOLAはうでぃ選手から独自コメントを入手した。

―「しっかり練習して挑みました」とのことですが、練習はどのように行っていたのですか
うでぃ選手:ネットで知り合った友達やゲーム仲間を呼んで、ゲーミングハウスを使ってオフラインの練習をしていました。

―体験版と製品版での感覚の違いや猛者を制しての優勝となりました。優勝の理由を教えてください
うでぃ選手:製品版と体験版の細かい違いは、大会の中で少しずつ調整していきました。大会で勝てた要因は色々ありますが、一緒に練習してくれた仲間に本当に感謝しています。1人ではとても無理でした。

―世界大会へ向け取り組んでいることなど教えてください
うでぃ選手:世界大会へ向けて日々練習中です。具体的な対策などはまだ考えているところです。日本のレベルは本当に高く、その日本を代表するわけですから、世界大会でも上位に食い込まなきゃいけないと思っています。応援よろしくお願いします!

■うでぃ選手

Twitter: https://twitter.com/udi_no_mikata
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCANFaaXXnk9L2NcsybQuz9Q

(文●fanatic wilkinson’s)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)