『傳谷英里香のGo for it!トライアスロン-Road to HONOLULU』
第3回●スイムの正しいフォーム
(第2回はこちら>>)
 傳谷英里香(でんや・えりか)さんが、来年5月に開催されるホノルルトライアスロンでの完走を目標にトレーニングを開始! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームのヘッドコーチで、アスロニア・トライアスロンアカデミーでもディレクター兼ヘッドコーチを務める中島靖弘コーチ。レッスンの第3回は、スイムの正しいフォームを教えてもらいます。



水着:エクサースーツミディアムカット、アクアフィットネス用セパレーツ(ミズノ)

●体をまっすぐにして、肘を曲げて水をかく

中島靖弘コーチ(以下:中島コーチ)これまでの2回で準備が整えられたので、動きのあるトレーニングを始めます。今回は、スイムの正しいフォームをしっかり身につけましょう。

傳谷英里香(以下:傳谷)スイムではどこに気をつければいいんですか?

中島コーチ 一番大事なのは、体をまっすぐにして抵抗を小さくすることです。まっすぐ立って両手を上げ、頭の上で手のひらを交差させてみてください。そこで手の先から足までが一直線になっているのが理想です。この時、無意識に腰が反ってしまうことが多いのですが、水の中で腰が反っていると腰が沈み、抵抗が大きくなってしまいます。泳ぐ際もお腹を引っ込めることを意識してください。

傳谷 わかりました!

中島コーチ それでは、現時点の傳谷さんのフォームを動画に撮ってチェックしますので、実際に泳いで、動画を見ていきたいと思います(傳谷さんが25mプールの真ん中あたりまで泳ぎ、プールサイドに上がる)。

傳谷 自分が泳いでいる姿は初めて見ます。

中島コーチ 最初に上から撮った泳ぎですが、ここで見るポイントは、体の中心から手や足などが横に出ていないかというところです。それも水の抵抗を生む原因になりますからね。傳谷さんのフォームは、手も足もまっすぐ伸びていますからすごくいいですよ。

傳谷 やったー!

中島コーチ 1点だけ気をつけたいのは、息継ぎの時に顔が見えていること。これは頭を上げすぎているということなので、後ほど修正しましょう。続いて水中で横から撮った動画ですが、泳ぎ始めは頭と腰の高さの差が少なく、正面から見た時の体の面積が狭いので、水の抵抗を小さくすることができています。

傳谷 修正点はありますか?

中島コーチ 手の動きですね。前に伸ばした手が、水に入ってから長く下を向いていて、肩を過ぎたあたりでようやく後ろに水をかく動きになります。下の方向に手をかいている間は、ほぼ推進力が生まれず、逆に水の抵抗を受けてしまいます。

 先ほど上から見た時に指摘した、頭が上がりすぎているというのもよくわかりますよね。そうして水の抵抗を受けながら泳いでいくと、泳ぎ始めた時のフォームと見比べるとよくわかるのですが、腰や足の高さがだんだん低くなっていってしまうんです。

傳谷 たしかに、最初よりだいぶ沈んでいますね。

中島コーチ 今できないことがあっても心配することはありません。速く快適に泳げるようになるよう、手の動きから修正していきましょう。プールに入って足をついた状態で、動きを確認しながら行ないます。前に伸ばした手を水に入れたら、できるだけ後ろに水をかきたいので、肘を曲げて指先がプールの底を向くようにします。その向きをキープしたまま、最後まで水をしっかり後ろに押してください。

傳谷 ここまで意識して水をかいたことはなかったです。

中島コーチ その動きが片手で繰り返し、できるようになったら反対の手も使って交互に水をかいてください。これからも、手の向きをしっかり意識して練習を行なってくださいね。

傳谷 わかりました! 今回、自分のフォームを見てみて、体が徐々に下がっていくことを初めて知りました。正しい「まっすぐ」なフォームになるように、まずは教えてもらった水のかき方をしっかり意識してトレーニングをやっていきたいと思います!
(第4回につづく)

■プロフィール 傳谷英里香(でんや・えりか)
1995年11月2日生まれ、千葉県出身。2012年から2018年9月まで、アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」のリーダーとして活動。女優を中心として、テレビや雑誌など活躍の場を広げている。■公式Instagram ■公式Twitter

ディレクター●斎藤信隆、本間敢 directed by Saito Nobutaka,Honma Isamu
ムービー撮影●竹下権優、板垣優天、江口裕祐 movie by Takeshita Chikara,Itagaki hirotaka,Eguchi Yusuke
八戸亜季子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
彦坂雅俊●制作協力 cooperation by Hikosaka Masatoshi
衣装・用具協力/ミズノ
(取材協力:東急スポーツオアシス新宿24Plus)