◆令和元年度東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦◆

9月17日 対早大 早大東伏見グラウンド


全日本王者の早大相手に第一戦を勝利で飾ったものの、第二戦を6-5という僅差で敗れた立大。共に互角の試合を繰り広げてきた両校にとって勝ち点の行方は第三戦へと委ねられた。
試合は序盤から動く。1回表、先攻の立大は1番柏瀬(コ3)が中前安打で出塁すると、続く2番佐々木(社3)が送りバントを決めチャンスを広げた直後だった。3番髙岡(済4)が右翼の頭上を越える2点本塁打を叩き込み、この回で2点を先制する。立大打線はとどまる所を知らず、4回表には6番市野(理2)の左翼前安打から始まり、7番高橋(異4)、8番坂井(観2)の怒涛の3連打もあり、この回一挙に3点を追加。また4回裏の早大の攻撃ではランナーを一塁に背負う場面を4-6-3の併殺打で乗り越えた。その後も快音を響かせた立大は、8回にも犠飛でさらに1点を追加して6点とする。


ダブルプレーを見せる上原

投手陣も打線の後を押し、先発を任された泰道(文3)は3回裏の柏瀬のダイビングキャッチなどに助けられながらも6回を2失点に抑えた。7回に変わった竹生(コ1)も無失点に抑えるなどの好投で完璧に早大打線を封じ込めながら、強豪早大相手に見事勝利を収めた。


ガッツポーズをする市野

この試合で奪取した勝ち点は、立大にとって大きな勝ち点となることに違いない。春リーグ優勝校の早大からの勝利は次戦への良い起爆剤となり、立大ナインのさらなる躍進に期待が高まる。優勝への道もそう遠くはないはずだ。
(9月17日 矢野 譲士)

◆コメント◆
髙岡選手
―ホームランについて
今日は自分にホームランがでたのでよかったです。1、2番が頑張ってくれてしっかりチャンス作ってくれたので3番がしっかり返していきたいなっていうのが今回ちょうどホームランになった感じですね。
―打撃の面での今のチーム
理想の形になってきているのでよかったかなと思います。
―次戦の慶大戦へのいきごみ
しっかり自分の野球をすることと、先頭だけじゃなくて終盤も打つことを慶應戦では個人的な目標にしていきたい。