「俺の人生はパワプロだ!」

世界一のパワプロ愛を引っさげて、あの選手が、再びeBASEBALLの舞台へ帰還した。16日、もう一つのプロ野球「eBASEBALL プロリーグ」eドラフト会議が開催された。

この大舞台で、西武と千葉ロッテに指名されたのは、マエピーこと前田恭兵選手だ。

プロ初年度の昨シーズンは、苦い想いだけを味わった。しかし、それでもなお、前を向いて這い上がる。にこやかな笑顔と裏腹に涙もろい、感情むき出しのeアスリート。

くじ引きの結果によって、新天地・西武への道が切り開かれた瞬間、やっぱり彼の目には大粒の涙が溢れた。安堵の涙なのか?それとも、自身に課される重圧への喜びなのか?涙の真相は、11月3日から開幕するeBASEBALLの長きシーズンで解き明かされる。

文/スポーツブル編集部

写真/スタジオアウパ 

___

eドラフト会議から一夜明けた17日、前田選手のSNS(Twitter・ブログ)が更新されたようだ。

選手目線で書かれたプロ化やレギュレーションの話、さらには自身のプロリーグ2年目の意気込みまで。eドラフト会議の裏側や2年目のシーズンに突入する「eBASEBALLプロリーグ」への情熱はもちろん、マエピー流パワプロ愛がぎっしり詰まった内容に構成されている。