日産自動車(Nissan)の米国部門は9月12日、「eスポーツ」専用のゲーミングチェアのスケッチを発表した。日産『GT-R NISMO』 や『リーフ』をモチーフにした3種類のゲーミングチェアだ。

このスケッチは、「National Video Games Day」を祝うのが目的だ。日産は長年、快適性やサポート性に優れる自動車用シートを開発しており、そのノウハウをeスポーツ専用のゲーミングチェアに反映させた。

日産GT-R NISMOがモチーフのゲーミングチェアでは、「興奮、高性能、比類のない洗練」をテーマにデザインされた。軽量のカーボンファイバーとアルミ構造を採用しており、座面や背もたれには、赤いレザーと合成スエードを使用した。究極のパフォーマンスを実現するレーシングシートのような形状という。

日産リーフがモチーフのゲーミングチェアは、エレクトリックブルーのアクセントを備えたライトグレーのレザーシートだ。表面はガンメタリック塗装とした。USB充電ポートや、一体設計のレッグレストが特長だ。

なお、日産自動車の米国部門は現在、公式ツイッターを通じて、3種類のゲーミングチェアのスケッチから、一番人気を決めるファン投票を実施している。
This isn’t a game. We’ve got some new concepts and they aren’t cars. Share your pick of the gaming-inspired styles below. #NationalVideoGamesDay pic.twitter.com/aaNMGssmbf— Nissan (@NissanUSA) 2019年9月12日

日産リーフがモチーフのeスポーツ専用ゲーミングチェアのスケッチ《photo by Nissan》

日産リーフがモチーフのeスポーツ専用ゲーミングチェアのスケッチ《photo by Nissan》

日産アルマーダがモチーフのeスポーツ専用ゲーミングチェアのスケッチ《photo by Nissan》

日産アルマーダがモチーフのeスポーツ専用ゲーミングチェアのスケッチ《photo by Nissan》