◆令和元年度東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦◆

9月7日 対東大 上柚木公園球場

立大のリーグ開幕戦の相手は、早大に初戦で勝利を挙げた東大。しかし、立大のエース泰道(文3)の快投もあり、危なげなく勝利した。

初回、初戦の先発という重圧がある中、泰道は三者凡退で幸先の良いスタートを切る。しかし、2回表、先頭をヒットで出すと一死一二塁のピンチを迎える。このピンチに泰道は低めにボールを制球して3-6-1のダブルプレーで切り抜けた。直後の攻撃では、四球と失策で立大が先制に成功。

3回裏にも1点を追加した立大に5回表再びピンチが訪れる。この回先頭の谷本(=東大)に二塁打を許した。だがここでも落ち着いていた泰道は、後続をきっちりと抑えてこのピンチも無失点で切り抜けた。

打線は相手の失策や四球で得点は挙げていたものの5回まで3安打に抑えられていた。何とか泰道に援護点を挙げたい打線は、6回裏、一死から5番上原(法4)がセンターへのヒットで出塁すると、すかさず盗塁して6番今川(理3)の当たりを相手の遊撃手が失策、その間に上原が生還して1点を追加した。その後も市野(理2)の安打と村口(文3)の四球で一死満塁のチャンスを作ると、打席にはこの日素晴らしい投球を続けている泰道が入る。1-1からの3球目を右前に運び、この日初の適時打。ここから勢いづいた打線は7,8回にも得点を挙げ、泰道を盛り上げた。そのまま9回表、最後の打者を左飛に打ち取りゲームセット。泰道は2安打完封、打線も11安打8得点と開幕戦を圧勝で飾った。


開幕戦を完封勝利で飾りガッツポーズをする泰道

この日のヒーローはもちろん泰道。6回以降は1人のランナーも出さないという圧巻のピッチングだった。自身もこの日の投球内容を100点と評価した。まだ始まったばかりのリーグ戦、エースに集まる期待も大きい。
(9月12日 渡部広大)

◇コメント◇
泰道選手
―今日の投球のテーマは
今日の投球のテーマは初戦だったので緊張はあると思ったのでとりあえずボール低めに集めてストライク先行を意識してピッチングしました。

―開幕戦ということで緊張は
多少の緊張はあったんですけど、初回・2回と終えて自分のピッチングになってきたので、初回と2回だけでした。

―今日の投球内容に点数をつけるとしたら
今日は100点じゃないですか。

―特によかったことは
自分が6・7回以降のスタミナに課題があって投手コーチと話し合ってて、今日は5回終わった後に今日は行くぞと言われてその時に自分でスイッチを入れてそこからランナーを出さずにピンチにならなかったのがしっかりと自分の課題がクリアできたと思います。

―この夏取り組んできたことは
変化球の腕の振りをストレートとなるべく同じにするっていうのと体重移動。体が開いてしまうのが癖なのでそれを少なくするっていうのをこの夏意識して取り組んできました。

―今日の試合では打撃の方も三安打と調子が良かったように見えたのですが
いや、打撃は正直おまけだと思っているのでピッチングがよかったのでバッティングもよかったのかなと思います。

―これからの試合に向けて一言
今日はいいゲームでしっかりと終われたと思うんですけど、まだリーグ戦一勝しかしていないので、これから長い戦いが始まるんですけど一戦必勝でしっかりと勝ち点を取りこぼさないように最後にリーグ戦で優勝できるように一戦必勝で頑張っていきたいと思います。