東京ゲームショウ2019のコナミブースで、現在建設中のコナミクリエイティブセンター銀座内に開設するeスポーツ関連施設概要発表会が開催された。施設の1階から3階がeスポーツ関連施設になるとのことだ。esports銀座studio、esports銀座school、esports銀座storeの3つの施設で構成される。 

施設に企業名が入っていないのは「eスポーツを発展させたい」という強い思いがあるからと語られた。

 esports銀座storeにはゲーミングPCや周辺機器などを取り揃え、esports銀座studioではeスポーツの配信に最適な設備を整えたスタジオになるそうだ。今後、eBASEBALLプロリーグなどのeスポーツの試合がこのスタジオで開催されるかもしれない。

この日ブースに設置された10m×6mのスクリーンよりも大きなスクリーンがstudioに設置されるそうだ。

 eスポーツに限らず、音楽や演劇などの会場としても使用できるとのことだ。誰でも使える施設にしていきたいと語られ、銀座をエンターテイメントの中心地に変えていくといった意気込みが感じられた。 

 またesport銀座schoolの概要発表に合わせて、コナミのタイトルで活躍するプレイヤーとのトークセッションが行われた。 

schoolの校長に就任する大田良彦氏(写真左から2人目)や昨季のeBASEBALLでも活躍した吉田友樹(たいじ)選手(写真中央)らが登壇した。

 「選手を辞めてからのキャリアプランが不安」「世界で戦うのに英語力が必要だと感じた」といった第一線で活躍する選手目線での不安や要望などが語られる中で、それに答える形で大田校長からカリキュラムの概要が明らかにされていった。実技のみでなく、実況や解説、ゲーム制作などのキャリア形成も可能とのことだった。英会話の講義でゲームが好きなネイティブな講師を招いたり、コミュニケーションの講義はお笑い系の事務所と連携して行っていく構想を明らかしたり、エンターテイメント会社ならではの方針にユニークさを感じた。「日本の選手は舞台慣れしていない」といった課題に対しては、studioを優先的に使用できるようにするとのことで、より実戦に近い環境で選手として育成していく方針が明らかになった。全日タイプと塾タイプの2パターンが用意され、間口は広げられている。 

schoolの開校は2020年4月予定で、事前説明会も開催されるとのことだ。

 気になる施設のオープンだが「年明けの早いうち」とのこと。年内には発表されるそうだ。オリンピックも開催される2020年、銀座からeスポーツの熱気が広がりそうだ。