<写真・第1シングルスとして点を決め、ガッツポーズをする戸内>

 9月11日、近畿大学東大阪キャンパスにて関西学生バドミントン秋季リーグ戦第3戦(対甲南大)が行われた。

 第1シングルスでは、戸内(人3)が終始主導権を渡さず、ストレート勝ちを収めた。第2シングルスに出場した田中(人1)は第2セットを落としたが、最後まで粘り2ー1で勝利。続く第1ダブルスの鍵谷(人4)・平岡(国2)ペアは、フルセットまで持ち込むも、勝利に大手をかけた。第2ダブルスの西原(国4)・川波(社3)ペアはストレート勝ち。リーグ戦初出場となる第3シングルスの蘭(社1)は、フルセットまで持ち込み、接戦となったが敗北した。チームは4ー1で甲南大に勝利した。

 次戦はあす、立命館大学いばらきキャンパスにて同大会3日目(対近大)が行われる。

本日の結果

S1戸内☆2ー0

S2田中☆2ー1

D1鍵谷・平岡☆2ー1

D2西原・川波☆2ー0

S3蘭★1ー2

試合後のコメント

鍵谷由輝主将「相手は何回も戦ったことがある相手だったが、みんな力を出せ、勢いに乗って4ー1で勝つことができた。特に戸内がエースとして、2ー0で抑えてくれたおかげで勢いに乗ったまま田中につなげることができた。田中は第1シングルスの流れのままリードして勝ってくれた。第1ダブルスについては、きのうに引き続き危うい試合をしてしまい、相手に自分のミスで点を与えてしまった。あすの相手には通用しないのでこのようなミスを無くしたい。第2ダブルスについては、3ー0で試合は決まっていたが隙を見せずに勝てた。第3シングルスのリーグ戦初出場の蘭は、結果的には負けてしまったが、最後まで諦めず食らいついて、応援も盛り上がることができた。あすの試合は最初のリーグ戦の山場になると思う。相手チームの近大は1人1人のレベルが高く、穴がないチーム。しっかり同大と甲南大に勝った勢いに乗り、全勝優勝で勝つ」