8月26日、一般社団法人日本eスポーツ連合(以下、JeSU)は、国際eスポーツ連盟(以下、IESF)が主催する 「第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」のゲームタイトルに、『ウイニングイレブン 2020』が加わり、その日本代表決定戦を東京ゲームショウ2019の初日、9月12日に実施することを発表した。

「第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」は12月11日~15日に、韓国ソウルにて開催されるIESFが主催する国際eスポーツ大会。東京ゲームショウ2019にて実施される日本代表決定戦には、国内からウイニングイレブンの有力選手8名が招待されることとなり、どの選手が招待されるのかに注目が集まっている。

また、日本代表決定戦が行われる9月12日は、奇しくも『ウイニングイレブン 2020』のリリース日ともなっている。単に選考会という意味に留まらず、2020シーズンを占い、10月に開催が迫る「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の前哨戦としての意味合いも持つこととなる。

なお、同日の東京ゲームショウ2019にて、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の組み合わせ抽選会が実施されることとなっている。

以下、大会概要などをお伝えする。(トップ画像:東京ゲームショウ2019プレスルームより)

■大会概要

eFootball ウイニングイレブン 2020 日本代表決定戦

日時:9月12日(木)予選(準決勝第1試合まで) 10:00~12:30 / 本戦 15:45~17:00
会場: 予選 JeSUブース / 本戦 e-Sports X REDステージ
参加者:国内のウイニングイレブン有力選手から8名を招待(後日発表)
対戦形式:1 vs 1

引用:JeSU公式サイト https://jesu.or.jp/contents/news/news_190826/

■国際eスポーツ連盟(IESF)

IESF(International Esport Federation 本部:韓国・釜山)は設立から11年以上となり、現在54カ国・地域が加盟している世界規模のeスポーツ団体です。IESFは設立当初からeスポーツの啓蒙を通じて、トラディショナルスポーツがそうであるように、文化、人種、性別の壁を超えた幅広い活動を行っています。また世界的に盛り上がるeスポーツシーンの成長を支え、同時にIESF加盟国の持続可能な成長の一助となり、業界を守る役割を果たしています。

引用:JeSU公式サイト https://jesu.or.jp/contents/news/news_190826/

■本大会の組合せ抽選会について

9月12日(木)14:00~15:00 東京ゲームショウ e-SportsX Redステージ(幕張メッセ Hall9)JeSU主催イベントにて、各競技の組合せ抽選会を実施いたします。茨城県 大井川和彦知事が登壇予定。

引用:JeSU公式サイト https://jesu.or.jp/contents/news/news_190807/

■関連記事

国際eスポーツ連盟主催「第11回Esports World Championships」に『ウイニングイレブン 2020』を採用 https://efootball.jp/2019/08/27/esportsworldchampionships/

(文●fanatic wilkinson’s)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)