レアル・マドリードの久保建英は、同じくスペイン1部のマジョルカに期限付き移籍することが決まった。8月22日、マジョルカは公式ホームページで久保の入団を発表した。契約は2020年6月末まで。23日の午前中の練習から久保はチームに合流することになった。



マジョルカへの期限付き移籍が決まった久保建英

 マジョルカ空港に到着した久保は、報道陣のインタビューに歩きながらスペイン語で答えている。

「たくさんのことを考えて、今ここにいる。プレーするのがとても楽しみ」

 久保の新天地は、かつて大久保嘉人(ジュビロ磐田)、家長昭博(川崎フロンターレ)が所属したマジョルカになった。なぜ彼はマジョルカを選んだのか――。
 
 この夏の北米ツアーで、久保の株は急上昇した。これによって、レアル・マドリード内での立場は劇的に変化している。当初はセカンドチームであるカスティージャで経験を積むはずだったが、「2部B(実質3部)ではレベルが低すぎる。プレーも荒っぽすぎるし、ケガをしかねない。久保は1部でプレー経験を積むべきだ」という意見がクラブ内で高まった。

 そこでまず移籍候補に浮上したのが、昨シーズン、1部に残留したバジャドリードである。元レアル・マドリードの伝説的選手で、ブラジル代表としても世界王者になったロナウド会長の猛烈な推しがあった。

 しかし、話は思うように進展していない。

 バジャドリードのセルヒオ・ゴンサレス監督は、選手時代に、エスパニョールで西澤明訓のフィーバーを目の当たりにしている。セルヒオは保守的で安定したマネジメントを好む監督だけに、メディアスターとしての久保が入る混乱を憂慮していたと言われる。久保の場合、当時を凌駕する騒ぎになる可能性もあった。また、セルヒオは同じレアル・マドリードのブラジル人FWロドリゴを求めていたようだ。

 一方で現場のジネディーヌ・ジダン監督は、「久保を手元に置きたい」と考えていたという。カスティージャでラウル・ゴンサレス監督のもと、試合経験を積みながら、同時にトップチームで練習を重ねる。そのうえでトップ昇格の可能性もあった。

 昨シーズン、久保と同じ18歳でレアル・マドリードに入団したブラジル代表ヴィニシウス・ジュニオールは当初、カスティージャを主戦場にしていた。目立った活躍を示したことで、5試合でトップ抜擢が決まった。そしてセンセーショナルな突破力を見せ、定位置をつかんだ。

 もっとも、こうしたケースは珍しい。

 レアル・マドリードにおいて、若手は武者修行することがひとつの通例となっている。ウクライナ代表の若きGKアンドリー・ルーニンは、早々とバジャドリードへ期限付き移籍。現在の主力選手でも、ブラジル代表カゼミーロ、スペイン代表ルーカス・バスケス、ダニエル・カルバハル、ウルグアイ代表フェデリコ・バルベルデなど、多くの選手がトップリーグのクラブでの期限付き移籍経験を経て、復帰後にポジションを手にしているのだ。

 マジョルカとレアル・マドリードは友好的な関係を保ち、多くの選手が行き来している。レアル・マドリードの有望選手だったサミュエル・エトーやルイス・ガルシアなど、多くの若手がマジョルカでプレーして飛躍した。一方で、現在レアル・マドリードに所属するマルコ・アセンシオはマジョルカで生まれ育った選手だ。

 では、久保にとってマジョルカへの期限付き移籍は最高の選択だったのか。

 マジョルカは地中海に浮かぶ島。気風は内陸よりも自由なところがある。気候は温暖。昇格したばかりのチームだけに、過度の期待もない。残留争いになった場合は、心身をすり減らすことになるが、当面は(他のチームよりも)ストレスなくプレーできるはずだ。

 チームを率いるビセンテ・モレーノ監督は、2部ヒムナスティック・タラゴナ時代には鈴木大輔(現在は浦和レッズ)を指導し、3位となって昇格プレーオフを戦っている。論理的な思考の持ち主で、日本人に対する差別的な意識もない。一昨シーズンまで2部Bにいたマジョルカを率いて、2年で1部まで導いた気鋭の指揮官だ。

 本拠地ソン・モイスで行なわれたエイバルとの開幕戦は4-1-4-1の布陣で挑み、2-1で勝利を収めている。プレッシングとリトリートを使い分け、ガーナ人MFイドリス・ババのアンカーが特徴的か。ポジション的優位を作りながら守り、鋭いカウンターを放っている。

 久保にとって、悪いチームではない。FC東京では守備の戦術、技術を高め、今やどんなプレーモデルにも適応できる。実戦を重ねるなかで、さらに成熟するはずだ。

 シーズン開幕直後の移籍に関しては、連係面などマイナス要素は否めない。しかし久保は豪胆で語学の問題もなく、コミュニケーションの壁をクリアする術は持っている。突出した技術も、周りの信頼を得る拠りどころになるはずだ。

 早ければ25日のレアル・ソシエダ戦が、久保のスペインデビューとなる。