7月12日から14日にかけて、ドイツ・ベルリンにて、PS4部門の「EA SPORTS FIFA 19 Global Series Playoffs(FIFA 19 グローバルシリーズ プレイオフ)」が開催された。

同大会は、「FIFA 19 グローバルシリーズ」の年間ランキング上位選手のみに出場権が与えられ、世界頂上決戦「FIFA eWorld Cup 2019」への出場権を懸けた最終予選ともなっている。

日本代表として、世界ランキング53位・つぁくと選手(Blue United eFC所属)が出場。今回、そのコーチ役(※)として、チームメイトのアグ選手が帯同した。

アグ選手は、つぁくと選手の隣に座り、予選ラウンドをともに戦った。そして、ドイツ代表ストレンジャー選手や、世界ランキング2位のフランス代表マエストロ選手を破るジャイアントキリングなどに貢献。

最終的に、つぁくと選手は「FIFA eWorld Cup 2019」への出場を逃すこととなったが、コーチの存在に、一定の役割と効果があることを印象付けた。

VAMOLAは試合後、アグ選手にインタビューを行った。以下、一問一答。

※「FIFA 19 グローバルシリーズ」では、コーチを1人付けることが認められている。コーチの役割は、戦術的なアドバイスと、精神的なサポートが主。現在、世界トップレベルの選手らには、ほぼ皆にコーチが付いている状況となっている。

■アグ選手・試合後インタビュー

――今日は、つぁくと選手のサポートお疲れ様でした。どのような役割を意識してコーチをされましたか

アグ選手:実際に試合をする選手たちは、(集中することで)周りが見えなくなることがあります。第3者目線から、客観的なアドバイスを送るように心がけました。

―客観的なアドバイスとは、具体的にはどのような内容だったのでしょうか

アグ選手:特に、本人(つぁくと選手)から「フォーメーションはこのままでいいのか」と聞かれたことに対してのアドバイスです。他には、(試合展開の)攻め方や守り方について。そして、選手交代についてのアドバイスを送りました。

――特に良いアドバイスができたと感じたシーンがあれば、教えて下さい

アグ選手:試合の守り方についてと、選手交代についてです。この2つは良いアドバイスができたのかなと感じています。特に、(ドイツ代表ストレンジャー選手との)第1試合の最後の試合の終え方については、「しっかり最後まで守りきる方法」を細かく(アドバイス)できたかなと。相手の(攻撃の)特徴を見ながら、(ディフェンスラインの)裏抜けの対策などのアドバイスが効いて、試合を勝利で終えられたと思います。

――予選ラウンド第3試合は配信ステージでの試合でした。世界中に配信されることは、コーチ役として、隣に座るだけでも緊張するものでしたか

アグ選手:(初めての経験に)「逆に、(自分も配信に)映るんだな」と思いながら、隣に座りました。でも、自分が緊張していたら、本人(つぁくと選手)がさらに緊張すると思うので、隣で楽しく振る舞うようにしました。正直に言えば、緊張していたのですが、本人に気付かれないように(笑)。

――残念ながら2勝4敗として予選ラウンド敗退となってしまいました。結果に関して評価は

アグ選手:結果は結果なので、(予選ラウンド敗退は)残念です。ただ、自分にとっては、良い経験になりました。『FIFA 20』の来シーズンは、この舞台に自分も立てるように「頑張りたいな」と。さらにモチベーションが高まりました。

――世界で戦うイメージは湧きましたか

アグ選手:はい。自分が戦っているような感覚でしたので、かなりイメージが湧きました。今回、世界トップレベルの選手のプレイを間近で見ることができたことは、自分にとって貴重な財産です。

――海外の出場選手らとの交流はありましたか

アグ選手:はい。特に僕たちのブースの隣にいた、eスポーツチーム「FUT WIZ」のオーストラリア代表マルコ選手は、こちらの状況を気にかけてくれていました。度々声をかけてくれたので、自分も一緒にいろいろなコミュニケーションを取りました。

――来シーズン、期待しています

アグ選手:頑張ります。ありがとうございました。

(取材●VAMOLA eFootball News編集部)