文=鈴木健一郎 写真=©ASIA LEAGUE

Bリーグのチャンピオンシップ進出4チームが参戦

アジアの強豪が集う『テリフィック12』の開催が発表された。FIBA公認のこの大会は、昨年は琉球ゴールデンキングスが優勝している。

今年の大会も開催地はマカオで、9月17日から22日の期間で12チームが優勝を争う。中国とフィリピンから各3チーム、韓国から2チーム、そして日本のBリーグからは、昨シーズンのチャンピオンシップ進出チームから出場の意欲を示したチームをリーグが推薦する形で、前年王者の琉球、千葉ジェッツ、宇都宮ブレックス、新潟アルビレックスBBの4チームが出場する。

最大で5日間で4試合を戦うハードスケジュールとなるが、優勝賞金は15万米ドル(約1600万円)とプレシーズンのトーナメントとしては高額。日本から参戦するチームのスケジュールは以下のとおり(時間は現地時間)。

9月18日(水)
15時 全州 KCC イージスvs宇都宮ブレックス(グループC)
17時 ブラックウォーターエリートvs千葉ジェッツ(グループA)
19時 遼寧フライングレパーズvs新潟アルビレックス BB(グループD)
21時 琉球ゴールデンキングスvs深圳アビエイターズ(グループB)

9月19日(木)
15時 新潟アルビレックス BBvsTNT トロパン(グループD)
17時 千葉ジェッツvsソウル SK ナイツ(グループA)
19時 サンミゲルビアメンvs琉球ゴールデンキングス(グループB)
21時 宇都宮ブレックスvs浙江ライオンズ(グループC)

9月21日(土)
17時 準決勝(グループAとグループCの1位チーム)
19時 準決勝(グループBとグループDの1位チーム)

9月22日(日)
17時 3位決定戦
19時 決勝