第98回夏の甲子園大会5日目の第2試合、富山・富山第一が新潟・中越をサヨナラで下した。

■9回1死から生まれた2本の二塁打でサヨナラ勝利

 第98回夏の甲子園大会5日目の第2試合、富山・富山第一が新潟・中越をサヨナラで下した。

 中越エース・今村豪に9回1死まで無安打無得点投球されていたが、3番岩城が中越え二塁打を放つと、続く狭間が左中間へサヨナラ二塁打。劇的な幕切れとなった。

 わずか2安打で敗れた中越の今村は呆然とした表情。歓喜に沸く富山第一ナインを見ながら、大粒の涙を流した。

 中越打線は相手先発の中津原元輝、森圭名投手から得点を奪えなかった。