7月5日、ドイツ・ハンブルグにて、Xbox One部門の「EA SPORTS FIFA 19 Global Series Playoffs(FIFA 19 グローバルシリーズ プレイオフ)」が開幕した。この大会は「FIFA 19 グローバルシリーズ」のランキング上位選手のみが出場でき、世界NO.1を決める「FIFA eWorld Cup 2019」への最終予選となる。

「FIFA 19 グローバルシリーズ」の最新ランキングはこちら
https://fifa.gg/

年間ランキングトップを独走するイギリス代表テックズ選手(The FC2所属)が、周囲の期待通りに予選ラウンドを4戦4勝無敗で余裕の通過を決めた。また、昨年度の「FIFA eWorld Cup」優勝のサウジアラビア代表MSドッサリ選手(ROGUE Gaming Team所属)も同様に4戦4勝無敗とし、順調なコンディションを見せた。


(写真:テックズ選手)


(写真:MSドッサリ選手)

他にもドイツ・ブンデスリーガ国内eフットボール王者のメガビット選手(ヴェルダー・ブレーメン所属)や、フランスで開催されるeスポーツ世界大会「eSports World Convention」のFIFA17、FIFA18王者ダックス選手(パリ・サンジェルマン所属)も順当にノックアウトステージに勝ち上がっている。


(写真:メガビット選手)


(写真:ダックス選手)

今日の大会初日で出場した64選手より32選手に絞られた。明日の大会2日目からはノックアウトステージとなる。

同プレイオフは、2018年10月から2019年5月までの期間に実施された、「FIFA 19 グローバルシリーズ」の各大会結果からポイントが加算され、ランキング60位以内の選手にワイルドカード4名の選手を加え、合計64名によって争われる。そして、プレイオフ終了時点でランキング上位16名の選手に「FIFA eWorld Cup 2019」の出場権が与えられることになる。

■配信リンク

https://www.twitch.tv/easportsfifa

(取材●VAMOLA eFootball News編集部)