佛教大が今大会3回目となる逆転劇で、東海大を6対4で下して初の決勝進出を決めた。

ベンチ・スタンドも一体となっての快進撃が続く佛教大

 4試合中3回の逆転劇すべてに絡んでいるのが好救援を続ける左腕・木下隆也(2年・奈良大附)だ。この日は、4回に東海大が一気呵成の猛攻で3点を挙げ、なおも追加点を狙う状況で2番手として登板。そこで空振り三振を奪って、相手の流れを断ち切ると、今度は佛教大が反撃に転じる。

 5回に野嶋惇登(3年・県和歌山商)が2ラン本塁打を放つと、6回には東海大によるバント処理の連続ミスや、この日4安打を放った八木風磨(3年・北稜)のタイムリーで3点を挙げ、逆転するとともに2点のリードを奪った。

 さらに投げても、木下が140km/hを超える伸びのあるストレートと対角線上の低めに決まるスライダーで東海大打線を翻弄していき、8回には途中出場の岡田瑛人(3年・履正社)のタイムリーでダメ押し点を奪った。

 木下は8・9回ともにピンチを招くも「焦りはありましたが、気持ちを落ち着かせて投げました」と粘り強く投げ抜き1失点に留め、最後は三塁手の森本翔大(2年・天理)のダイビングキャッチで試合終了。

 佛教大が創部史上初、京滋大学野球連盟としても初となる決勝進出を決めた。

◎佛教大・木下隆也(2年・奈良大附)
「今日はストレートが走っていたので、それで追い込むことで、一番自信のあるスライダーが生きると思いました。3点差だったら今大会の打線なら取り返してくれると思いました。気持ちで押すことができました」

木下の奈良大附高時代は甲子園にあと一歩届かず3年夏に準優勝。その夏の甲子園を制した東海大相模の選手も複数擁する東海大に対し「負けたくない気持ちで投げることができました」と、試合後話した

■準決勝:佛教大vs東海大
佛教大 000023010=6
東海大 000300010=4
【佛】中山玲、○木下-坪倉
【海】山﨑、松山、小郷、原田-海野
本塁打:佛教大・野嶋(5回2ラン)

◎東海大・海野隆司(4年・関西)
「(チームとして)大事な場面でエラーが出てしまいました。走者が出たらバントをしてくるので1つずつアウトを取ろうと言っていたのですが。本塁打は、相手打者が変化球に弱いと分析していたのですが甘いところに入ってしまいました。周りから“優勝狙える”と言われてきたので悔しいです」

ドラフト候補捕手の海野は試合後、目に涙を浮かべるなど悔しさを隠しきれなかった

文=高木遊
写真=中西陽香