エースと4番の活躍で明大が東洋大に3対0で勝利した。

 初回、2死二塁から北本一樹(4年・二松学舎大付)がセンターオーバーのタイムリー二塁打を放って先制し、3回には連打でチャンスを広げると、1死一、三塁から捕逸で追加点を奪う。

 5回には2死無走者からヒットと敵失で走者を二塁に進めると、再び北本がセンターの頭を超すタイムリー二塁打を放って3点目を奪う。

2安打2打点の活躍を見せた明大・北本

 投げては森下暢仁(4年・大分商)がピンチを背負うも2併殺などでしのぎ、リードを守り切った。「東洋大戦がヤマ」と語っていた右腕が完封勝利を挙げ、明治大は準決勝へと駒を進めた。

7安打を浴びながら完封勝利を挙げた明大・森下

 前日7点を挙げた東洋大だったが、この日は森下の前にホームが遠い展開。9回に2死から内野安打と暴投で2死二塁とし、一矢を報いたかったが、次打者のヒットで本塁を狙った走者がホームタッチアウト。先発した村上頌樹(4年・智弁学園)が自責点1ながら、6回6安打3四球3失点と崩れた。

 前日も112球を投げていたが、試合後に「疲労はなくいつも通りでした」とその影響を否定。「リズムが悪かったことが打線に繋がらなかった。自分の力不足です」と振り返った。

■準々決勝:明治大vs東洋大
明治大 101010000=3
東洋大 000000000=0
【明】○森下-西野
【東】●村上、渡邊、松澤、河北-佐藤

◎明治大・森下暢仁主将
「リーグ戦でできなかった完封ができてよかったです。相手がストレートを待っていたので、うまくカットボールを使えました。ストレートは荒れていましたが、変化球はまとまっていたので、うまく使えました。一発勝負なので、一球一球を丁寧に投げました」

◎東洋大・佐藤都志也主将
「森下と対戦できるのは嬉しかったですし、光栄でした。いい投手だとは分かってしましたが、打ちきれずに4番として情けなかったです。次は明治神宮大会で六大学代表を倒したいので、夏に振り込んでいきたいです」

文・写真=山田沙希子