◆2019年東京六大学軟式野球 春季リーグ戦◆

4月13日 対明大 2回戦 戸田市営球場


5戦を終えて未だ勝ち星を掴めない立大。立ちはだかるは明大。1回戦で初回から大量得点を許し、完敗したチームだ。今季2度目の対戦となり、当然今回こそは勝ちたい相手であった。
初回、先発マウンドに向かうのは佐々木(済2=西南学院)。1回戦で初回6失点を許してしまったこともあり、リベンジに燃える想いは誰よりも強かった。その佐々木は3回に1点を失うも、4回以降気迫の投球を見せる。四球などで出塁を許すも得点は許さなかった。3者連続三振を奪うなど堂々たる投球内容で味方打線の援護を待った。

8回1失点の好投を見せた佐々木

しかし立大打線は前回同様、相手投手をなかなか打ち崩すことができない。四球や安打で出塁するも、後続が続けず、3塁すら踏めない状況。
状況は変わらず、0ー1のまま9回二死を迎える。この場面で打席に立つのは選手兼任監督の松田啓(文3=札幌北)。4番として意地を見せたい男が鋭く振り抜いた打球は右中間へ。ベンチは一瞬、スタンドオーバーを確信したが、あと一歩及ばず二塁打。見事なチャンスメイクを果たした。ここで打席に立つのは、2年生で唯一春季全試合に出場している山田(営2=須磨学園)。対法大2回戦で走者一掃となる適時打を放ったこともあり、ベンチの期待は高まった。大きな期待を背に受けて臨んだ大一番。持ち前の力強いスイングから放たれた打球は遊飛。期待に応えることができず、男は悔しさを滲ませた。

6連敗。春季リーグ戦は全10試合のため、負け越しが確定した。他の5大学が競り合っている中、立大は大幅に出遅れてしまい、目標であった全日本大会出場も非現実のものとなった(下記順位表参照)。
 
 

 
今試合で佐々木は8回1失点被安打2。非の打ち所がない素晴らしい内容だった。守備面ではなく、やはり攻撃面に関して課題が残る。「せっかく無死から先頭が出塁しても、そこから走れる選手が少ない。他のチームはその場面か盗塁などで確実に無死二塁を作って点を取れている」(主将・内山、営3=茗渓学園)。次の対戦相手は今季初対戦となる慶大。これまでの6試合同様、接戦が予想される。その接戦の中でいかにワンチャンスをモノにして得点に絡めていくかという点で、勝利が天秤に掛かっている。もうこれ以上負けられない。“RIKKIO”のプライドを胸に選手たちは闘志を燃やす。                                  (4月14日・渡邊大樹)