東京六大学野球春季リーグ戦 対東大 1回戦

2019年4月13日(土)

神宮球場

東京六大学野球春季リーグ戦 対東大 1回戦 2019年4月13日(土) 神宮球場 ついに開幕した東京六大学野球春季リーグ戦。東大との開幕戦が雲一つない快晴となった神宮球場で行われた。法大の先発は若きエース三浦銀二(キャ2)。堂々たる投球で7回を1安打無失点とほぼ完ぺきな内容を披露すると、打っては主将の福田光輝(人4)が3安打猛打賞2打点と大暴れ。投打ががっちりとかみ合った法大が圧倒し、7-0で試合終了。見事開幕戦を白星で飾った。

戦評
いざ秋春2連覇へ。開会式で球春を告げる福田光輝(人4)新主将の宣誓がこだました。2019年、令和時代の始まりとともに、六大学野球の熱き戦いが幕を開ける。

第1先発を任されたのは、昨季大車輪の活躍を見せた三浦銀二(キャ2)。初回から落ち着いた投球を披露し、確実に三者凡退に抑える。するとその裏、2番宇草孔基(営4)がチーム初安打となる中前安打を放つと、その後連続四球で満塁に。試合後に「ここで一発打って、ヒーローになってやろう」と語った4番毛利元哉(法4)の左犠飛で、幸先よく先制点を挙げた。

今季のチーム初打点を挙げた毛利

2回裏に再び好機が訪れる。2死満塁の場面、3番福田が期待に応え、左前への適時二塁打で2点を追加。さらに3回裏、1死一塁で8番渡邉雄太(キャ3)が右翼線適時二塁打を放ち、4-0とする。 法大の猛攻は止まらない。4回裏には、再び福田が左前へ二塁打を放ち好機を演出すると、安本竜二(営4)の左前適時打で2点を追加。東大を突き放した。

三浦の好投も続く。威力のある直球と変化球を織り交ぜ、打線を援護。5回表には代打青山海に中前適時打を打たれるも後続を断ち、無失点で切り抜けた。自身が「ノーヒットノーランを狙っていたので残念だったが、自分の中でうまく切り替えができたのでよかった」と語るように、7回までに計8つの三振を取り、終始安定した投球を披露した。

三浦は終始安定した投球を披露した

8回表に登板したのは石川達也(キャ3)。140㌔を超える直球で相手を圧倒すると、連続三振で三者凡退に抑える。迎えた8回裏。1番舩曳海(キャ4)の、痛烈な左越え二塁打などで1死二、三塁に。4番伊藤寛士(文4)の右犠飛で、だめ押しとなる1点を追加した。 

9回には朝山広憲(法4)が登場。得点圏に走者をおいたが、最後は中飛に打ち取り試合終了。昨秋に続き、初戦を白星発進した。 開幕カードで勝ち点を取ることは、連覇への必須条件。再び『結束』を胸に、敵を迎え撃つ準備はまた一つ整った。 (塚本花穂)

クローズアップ:福田光輝

開幕戦から魅せてくれたのは、やはりこの男だった。2回裏、福田光輝(人4)は二塁ベースにたどり着くと、両拳を派手ではなくとも強く上げた。

「自分のバッティングというよりは、ランナーを還せるように」と意識した第2打席、2死満塁の場面で変化球をうまく捉え、技ありの左前適時二塁打に。その後も勢いは止まらず、4回には再び左前への二塁打、6回には中前安打を放ち、この試合チームで唯一の複数安打を記録。3安打の固め打ちで法大打線を大いに盛り上げ、開幕前に掲げた今季の理想像、「とにかくめちゃめちゃ打つ」を初戦から体現した。

この試合の前に行われた開会式で福田は、昨季優勝校の主将として天皇杯を返還。さらには選手宣誓の大役を務めあげた。プレーでも結果を残し、チームの大黒柱として臨むラストイヤーのスタートダッシュを決めたが、「ここからなので明日には気持ちを切り替えていく」とさらに気を引き締めた。約2ヶ月にわたるリーグ戦が始まった今日、『10』を背負うその背中は、また一つ頼もしさが増したようだ。

(渡辺詩織)

選手インタビュー 福田 光輝 主将

—開幕戦を白星で飾りました 

チームとして良いスタートをきれたので、よかったかなと思っています。 

 

—主将として試合前に何か話した

 (雰囲気が)硬くなると思いましたし、リーグ戦は長丁場なのでシーズン中も(そのような時が)必ず来ると思うんですけど、そういう時はみんなで粘って、攻める時はしっかりみんなで攻める。そういう話をしました。 

 

—3安打を放つ活躍でした 

3本打てたので本当にうれしいですし、とりあえずホッとしてますけど、まだまだここからなので明日には気持ち切り替えていけたらいいなと思います。自分のバッティングというよりは、ランナーを還せるように意識した結果ヒットになってくれたのでよかったです。

 

 —オープン戦から好調が続いてると思います

 1球1球自分が悔いのないように思い切っていこうと思っているので、良い結果につながっていてよかったです。 

 

—一方でチームとしては残塁が目立ちました

 チャンスで打つことは簡単なことではないですし、自分的にはやっぱり明日には切り替えていけたらいいんじゃないかと思いながらやっているので、とりあえず良い開幕がきれたのでよかったです。 

 

—明日の試合に向けて 

明日も試合があるので、フレッシュな気持ちで全員が向かっていくように戦えたらいいなと思っています。 

宇草 孔基 副将

—今日の試合を振り返って 

とりあえずは開幕戦良い形で勝てたので良かったと思います。 

 

—開幕戦の白星というのは

 優勝を僕たちは目指していて、先ばっかり見ても駄目なので、開幕戦をしっかり取ることで次につながると思います。

 

 —今日は法大としてリーグ初安打、初盗塁を決めました

 いろいろなケースを想定して毎日準備しているので、あの場面はまずは塁に出てチャンスを作ることが重要でした。しっかり考えていたことができたので良かったなと思います。 

 

—3打席で凡退した後に吠える場面が見られましたが 

ちょっと惜しかったなと、悔しいなと思って吠えました(笑)。 

 

—リーグ戦に向けての直前の調整は

 リーグ戦に向けてトップに持っていくというよりかは、オープン戦から1試合1試合積み重ねた結果がリーグ戦で発揮できると思っています。オープン戦と同様にリーグ戦でもしっかりやってきたことを意識して挑みました。毎日の積み重ねです。

 

 —チームの雰囲気は 

特に同級生がしっかり声を出してましたし、非常に良い雰囲気で試合に臨めているのではないかなと思います。 

 

—明日に向けて

明日もいろいろなピッチャーの継投でくると思うんですけど、場面や状況を冷静に判断して打席に立ちたいと思います。1打席1打席、ヒットを積み重ねていければ良いなと思います。

毛利 元哉 外野手

 —今日の試合を振り返って 

まずは、初戦勝てたということで、一安心できたと思います。

 

 —第1打席の犠飛が法大の初打点となりました

 今年の春の初めての打席が急に満塁ということで、「ここで一発打って、ヒーローになってやろう」と思って打席に入りました。結果は犠牲フライということで、最低限の仕事はできてよかったかなと思います。

 

 —現在の調子は 

自分の中ではあまり良くない方だと思いますか、今日は東大のピッチャーが良かったと思います。これから結果を残していきたいです。 

 

—今日の勝利を踏まえてチームの雰囲気は

 もともとチームは雰囲気良くやれていると思います。 

 

—明日に向けて意気込みをお願いします

 東大は良いピッチャーがそろっていますが、明日も勝てるように、しっかりと準備していきたいと思います。

安本 竜二 内野手

—今日の試合を振り返って

 初戦しっかり勝てたので良かったと思います。 

 

—自身の調子は 

ちょっと自分の中でもふわふわしていた部分があったと思うのですが、しっかり打席を重ねるたびにヒットも出たので良かったです。 

 

—2打点を挙げました 

ピッチャーとの相性も良かったので、どんどん初球から振っていこうと思って打ちにいきました。 

 

—チームの雰囲気は 

4年生が主体となってやれているので、本当に良い雰囲気ですね。 

 

—東大の印象は 

こまめにピッチャーを変えてくると思うので、そこで変わった時に瞬時にに対応して、また1点ずつ取れたら良いなと思います。 

 

—明日に向けて 

しっかり自分も活躍して、チームも勝てれば良いかなと思います。

渡邉 雄太 捕手

—今日の試合を振り返って 

開幕戦ということで、最初、銀二(三浦、キャ2)も固くなっている部分もあったんですけれど、そこはしっかり僕がリードしてあげようとして、テンポよくリードできたことがバッティングにもつながったかなと思います。

 

 —リーグ戦初出場の率直な気持ちは

 緊張はしたんですけど、この冬やってきたことを信じて、自分を信じて思い切ってやろうということは決めていました。そこの部分は1アウト取ってからなんですけれど、徐々に緊張がほぐれていったので良かったかなと思います。

 

 —2打席目にはリーグ初安打となる右翼線適時二塁打を放ちました 

そこはやっぱり、銀二を少しでも楽にしてあげようという気持ちで打席に入ったので、そこで1本出たことが大きかったかなと思います。

 

 —好投の三浦選手をリードする上で気をつけたことは 

この冬、初球の入りとか、2ストライク取ったあととかをしっかり意識していて、そこをしっかりと投げ切ってくれました・やっぱり今日はテンポよく投げてくれたので、そこは良かったかなと思います。

 

 —渡邉選手が投手をリードする上で気をつけていることは 

この冬でいろいろな投手と話したり、日頃の生活から話しかけたりとかはしていて、それでいろいろなピッチャーの性格なども知れますし、私生活の部分とか、練習とかでもコミュニケーションを取れたことで、意思疎通ができたんじゃないかなと思います。

 

 —今日の試合で見つかった課題は 

やっぱり、9回一塁の場面で、僕が油断をしてしまって、1球逸らしてしまったので、9回までしっかり気を引き締めてやろうということが今日見つかった課題ですかね。

 

 —明日の試合に向けて

 明日もしっかり2連勝できるように、投手が誰になるかは分からないんですけれど、どんな投手がきても、自分がリードして、テンポよく守備を乗りきっていって、攻撃につなげていけるようにしていきたいと思います。

三浦 銀二 投手

—今日の試合を振り返って 

開幕戦ということでそれなりに緊張もしたのですが、去年の秋の開幕戦とは気持ちが違い、新鮮な気持ちで入れた気がします。 

 

—今日の好投の要因は 

フォークをうまく使えたので、相手にも的を絞られずにいたのでよかったと思います。

 

 —試合前のコンディションは

 試合前はいつも通り良くもなく悪くもなかったのですが、試合前のプルペンではフォークがしっかり落ちていたので、そこは自身を持って投げることができました。

 

 —開幕投手はいつ伝えられた 

一昨日の夜です。それまでは誰かわからなかったです。 

 

—5回に初安打を許しました 

ノーヒットノーランを狙っていたので残念でしたが、自分の中でうまく切り替えができたので良かったと思います。 

 

—試合前のチームの雰囲気は

 去年優勝したということで、連覇を目標に掲げている大事な一戦目なので、みんなそれなりに気合が入っていたのかなと思います。

 

 —明日以降に向けて意気込みをお願いします

まだ始まったばかりであと4カード残っているので、そこで自分が投げるかわかりませんが、投げることになるなら、自分の役割を全うできるように頑張りたいと思います。

試合前には開会式が行われ、天皇杯などの返還を行った
選手宣誓を務めた福田
今季のチーム初安打を放った宇草
福田は3安打猛打賞とオープン戦の勢いそのままに調子の良さを伺わせた
リーグ戦初出場にして初安打、初打点を記録した渡邉
4回に適時打を放ち、塁上で笑顔をを見せた安本
1イニングを完璧に抑えた石川
抑えとして期待がかかる朝山は、走者を出したものの無失点に抑えた