JR東日本カップ2019 第93回関東大学サッカーリーグ戦 2部 VS産能大 プレビュー


開幕戦、桐(中央)と奥谷は左サイドで存在感を放った

関東大学サッカーリーグ開幕戦は、1部・2部ともに“下剋上”が見られる展開となった。

1部では、昇格組の中大(昨季2部1位)が昨季インカレ王者・法大に勝利。立正大(昨季2部2位)も早大(昨季1部1位)から3点を奪い、歴史的な一勝を挙げた。

2部でも、昇格組の日大(昨季東京都リーグ2位)が東京国際大に勝利。昨季1部11位の格上相手に大金星を挙げ、好スタートを切った。

東海大に敗れ黒星発進となった立大の第2節の相手は、昇格組の産能大(昨季神奈川リーグ1位)。産能大も開幕戦を落としたものの、日体大(昨季2部3位)相手に3−4と互角の戦いを見せた。3バックからのビルドアップ、中盤での巧みなパス回しが特徴の同チーム。中盤でのボールポゼッションでは拮抗した展開になることが予測される。

「足下が上手いチームなので、東海大戦とは全く別の戦い方となる」。オーバーラップが持ち味の奥谷(コ4=都立駒場)は、相手の技術面を警戒。桐(コ2=日大藤沢)も「ボール回しの試合展開になる。自分たちのプレースタイルを守ってしっかりと結果を残したい」と難しい試合展開を予測しつつ、勝利への意欲を見せる。開幕戦で輝きを放った左サイドの2人が、今節も立大の攻撃の軸となるだろう。

順位表(第1節終了時点)

☆思考を止めるな☆
4/ 14(日) VS産能大 11:30K.O.
@中台運動公園陸上競技場

(4月13日・小根久保礼央)