公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は4月8日、「FIFA19 グローバルシリーズ eJ.LEAGUE SAMSUNG SSD CUP」(以下、「FIFA19 eJ.LEAGUE」)のオンライン予選参加人数が、合計355名になったと発表した。昨年度の参加人数178名より、約2倍に増加した結果となった。

オンライン予選はすでに4月6日(土)から開始しており、今後は4月13日(土)、14日(日)の日程で試合が行われる。決勝ラウンドは、4月28日(日)、29日(月・祝)に、日本サッカーミュージアム内にある「ヴァーチャルスタジアム」にて開催される。

■予選ラウンド

予選ラウンドは、選択したJクラブごとにノックアウト方式のトーナメントによって行われる。「クラブ推薦選手」を選出するクラブのトーナメントからは優勝者1名、選出しないクラブのトーナメントからは決勝に進出した2名の、計31 名が決勝ラウンドへ進出することができる。

また、そこにクラブ推薦選手5名と「PS4® FIFA 19 JAPAN Tournament」優勝者1名を加えた37名の選手によって、優勝を争う。

■FIFA19 グローバルシリーズ eJ.LEAGUE SAMSUNG SSD CUP オンライン予選参加人数

【オンライン予選人数】
355名 (昨年比:177名増)

■FIFA19 グローバルシリーズ eJ.LEAGUE SAMSUNG SSD CUP 大会概要

【試合日程】
オンライン予選:4月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)
決勝ラウンド:4月28日(日)、29日(月・祝)

【試合方式】
《オンライン予選》
FUTフレンドリーシーズンを用いて、全試合シングル戦にて行う。前後半終了時に同点のときは、続いて延長戦を行う。延長戦終了時においても同点のときは、PK方式にて勝者を決定する。

《決勝ラウンド》
決勝ラウンド進出者は、J1クラブのユニフォームを着用して参加。また、ゲーム内のチームもプレーヤーと同じJ1クラブのユニフォーム、バッジを使用する。ゲーム内の全ての選手を使用できる特別アカウントにて実施する。

【大会方式】
《オンライン予選》
J1、18クラブごとにノックアウト方式のトーナメントを行い、最大2名が決勝ラウンドの出場権を得る。J1クラブ推薦選手を選出するクラブのトーナメントからは優勝者1名、選出しないクラブのトーナメントからは決勝に進出した2名が決勝ラウンドへ進出する。

《決勝ラウンド》
オンライン予選通過者と、J1クラブ推薦選手1クラブ当たり2名合計36名、eJリーグトップパートナーである(株)ソニー・インタラクティブエンタテインメント主催の「PS4® FIFA 19 JAPAN Tournament」優勝者(2名)を加えた最大38名にて行う。(優勝者がJ1クラブ推薦選手と重複する場合は、同大会からの出場は無い。)

6名~7名が6グループに分かれる。その各グループ上位2名と、3位のうち成績上位者4名の、合計16名の選手がノックアウトステージへ進出できる。ノックアウトステージは、ホーム&アウェイ方式により実施される。

【表彰】
・優勝
eJ.LEAGUE杯 賞金100万円
EA SPORTS FIFA19グローバルシリーズポイント 200ポイント(※)

・EA SPORTS FIFA19グローバルシリーズポイント
優勝 200ポイント
準優勝 110ポイント
第3位-第4位 80ポイント
第5位-第8位 40ポイント
第9位-第16位 20ポイント
第17位以下 10ポイント

※ポイント付与は、2018年10月31日(水)までにFUTChampions.comで登録手続きをしている選手に限られる。

■FIFA19 グローバルシリーズ eJ.LEAGUE SAMSUNG SSD CUP 大会ロゴ/マーク

また、大会のタイトルロゴ等が発表された。

大会タイトルロゴ

大会タイトルマーク

コンポジットマーク

■関連リンク

「FIFA19 グローバルシリーズ eJ.LEAGUE SAMSUNG SSD CUP」公式サイト https://www.jleague.jp/ejleague/fifa/2019/

■関連記事

Jリーグ18クラブが対戦「FIFA19 グローバルシリーズ eJ.LEAGUE」オンライン予選エントリー開始!4月4日まで https://efootball.jp/2019/03/27/fifa19_ejleague_2/

 

(編集●VAMOLA eFootball News編集部)