昨年、都市対抗でベスト4のセガサミーと対戦。初回に1点を先取したが、中盤の失点を取り返せず1-3で敗戦した。

 打線のつながりを欠いた。1回裏、先頭・丸山和郁外野手(商2=前橋育英)が四球で出塁し、添田真海内野手(法4=作新学院)が適時二塁打。幸先よく先制に成功する。しかし、得点はこの1点のみ。3回以降、毎回出塁はしたが、3本の併殺打などが響き、得点に結びつかなかった。現役選手のリーグ戦合計本塁打が3本と、長打力において劣る今季の明大。巧打者はそろっているだけに、〝つなぎ〟の野球で得点を重ねていきたいところだ。

 開幕へ向けアピール合戦だ。髙橋聖人投手(商2=小諸商)は力強い直球が魅力の右腕。リーグ戦デビューとなった昨秋は、3試合に登板し自責点0と、素質の高さを感じさせた。この日は3番手で登板し、無失点2奪三振。昨年は立ち上がりの悪さを課題に挙げていたが、わずか10球で3人を抑え、成長した姿を見せた。リーグ戦のベンチ入り投手は基本、6人から7人。髙橋や米原大地投手(情コミ2=八王子)、渡部翔太郎投手(総合1=千葉黎明)といった下級生が、層の厚い投手陣にどれだけ食い込んでくるのか注目だ。

[小野原琢真]