一昨年度の社会人日本選手権の覇者・トヨタ自動車との一戦。最終回に追い上げを見せるが、3回の5失点が重く響き4-6で敗れた。

 投手陣は明暗が分かれた。先発の入江大生投手(政経3=作新学院)は初回こそ無失点に抑えるが、2回に1点を失うと3回には5連打から5失点を喫する。逆に2番手・磯村峻平投手(文2=中京大中京)、3番手・米原大地投手(情コミ2=八王子)、4番手・長江理貴投手(文4=帯広緑陽)はそれぞれ無失点。好調を維持してアピールを続けたい。

 打線は5点を追う最終回に清水風馬捕手(商3=常総学院)や松下且興外野手(商3=九州学院)の適時打で反撃。同点にはならなかったが、粘り強さを見せた。ベンチの選手も大声で鼓舞するなど、チームは良い雰囲気だ。

[楠大輝]