いざ天皇杯へ。今年度2戦目の公式戦となった東京都トーナメント学生系の部決勝戦。昨年度は1勝2敗1分と相性の悪い駒大が相手だったが、後半29分に飛び出した小柏のシュートの1点を守り切り勝利。5年ぶりとなる天皇杯出場へ向け、負けられない戦いをモノにした。



 一丸となって耐え抜いた前半戦。「ロングボールを入れてくるとわかっていた」(常本)。序盤からエンジン全開の駒大イレブンだったが、DF陣を中心に3−2−3−2の新フォーメーションを効果的に使い、失点をゼロで抑え込んだ。
 反撃ののろしを上げた後半戦。膠着(こうちゃく)していた試合状況を変えるため、スピード自慢の小柏を投入。すると見せ場はすぐにやって来た。後半29分、佐藤凌が体を張ってこぼしたボールをネットに突き刺し、先制点を奪取。ホイッスルとともに明大イレブンの笑顔がはじけた。直近の試合では得点を挙げられず「チーム内でもいじられていた」という小柏。新生・明治の10番が見事期待に応えてみせた。

 まさに〝挑超〟だ。昨年度の同大会決勝でも駒大と対戦。相手の高いDF陣に阻まれ、敗北を喫していた。「絶対に負けたくない試合だった」(中村帆)。反骨心を胸に、新たな姿を見せつけた。リーグ戦を挟んでの次戦は社会人チームとの対戦。今年度の目標の一つであるJ1クラブからの勝利を挙げるため、まずは一戦必勝で突き進む。

[高野順平]

試合後のコメント
栗田大輔監督
――小柏選手の投入のタイミングは。

 「膠着(こうちゃく)していてセカンドボールも拾えなくなってきていました。小柏が入ることによって縦に抜け出て時間もできるし、相手がどんどん飛ばしてきてセカンドボールの拾い合いになることは後ろが2対2になるので、そういう意味では小柏を入れたことは効果的だったと思います」

佐藤淩
――試合を振り返っていかがでしたか。

 「試合前からタフなゲームになるという話はしていました。まず失点をゼロに抑えて、そこから点を取ると話していました。勝てて良かったです」

小柏
――昨年度のリベンジを果たしました。

 「去年度は佐藤凌とツートップで出ていたのですが、そこで自分たちが何もできなかったっていうのがあったので、自分たちが仕事をして勝てたので良かったかなと思います」

常本
――次戦以降へ向けて意気込みをお願いします。

 「今年度の目標としてJ1のチームに勝つというのが一つあって、今日も勝ちましたけど修正するポイントはたくさんあったので、そこを直して来週からのリーグ戦と、トーナメントに向けて頑張ります」