オープン戦も終盤。東都リーグ1部の中大と対戦。明大は5回裏に一挙に逆転し、見事に勝利を収めた。

先発の磯村峻平投手(文1=中京大中京)は初回に1点を失うが、5回を投げて7個の三振を奪う好投。1点を追う明大は5回裏、この日スタメンマスクをかぶった蓑尾海斗捕手(日南学園)の右前安打で同点に追いつく。その後1死二、三塁で西山虎太郎内野手(履正社)が初球を捉え、勝ち越しの二塁打を放った。その後は2番手・米原大地投手(情コミ1=八王子)が9回まで投げ切り、リードを守り切った。

この日は3番・一塁で先発出場した岡本伊織選手(創志学園)も三塁打を放ち、ルーキーたちがチーム7安打中5安打を放った。思わぬ新星の活躍でレギュラー争いからも目が離せない。

[小畑知輝]