1月25日から27日の3日間、『FIFA 19』によるeスポーツの世界大会「FUT Champions Cup January」がルーマニアの首都ブカレストで開催された。日本からはアジア予選を突破した、ビッグマシーン選手がXbox One部門で出場。

ビッグマシーン選手の世界大会への出場は初となる。しかし世界の壁は高く、予選のスイス式トーナメントを3戦3敗となり、早々の敗退となってしまった。VAMOLAは試合後インタビューを行い、ビッグマシーン選手の気持ちを聞いた。


(写真:64人の出場選手が同時にプレイできる予選会場)

※1試合目はイギリス人プレイヤーFully選手、2試合目はドイツ・ヴォルフスブルクのSaLz0r選手、3試合目はブラジル・サンパウロ出身のNSE Vini選手との対戦。

--全体を振り返って

やっぱり、日本でやる試合とは感覚が全然違いました。

--感覚が違うというと

選手の動きが重いような気がして。試合自体がスムーズにいかなかったです。日本と比べるとかなりやり難いですね。

--印象に残っている試合は

3試合目(ブラジル代表NSE Vini選手との試合)です。

--その理由は

ブラジル人ということもあり、ドリブルが凄かったです。ドリブルでかわされる場面が多かったです。日本ではなかなか見ないドリブルでした。自分と相手のスキルの差を痛感しました。

--具体的に何が違いますか

日本では綺麗にパスを繋いで決める感じですが、やはり海外では、ドリブルで攻めてきたり、特に個人技で崩してきたりしますね。あと、縦が早いですね。横パスが少ないという違いがありました。

--試合中に対応できた

突っ込みすぎると、やられるので、むやみやたらにあたりに行かないとか…。突っ込みすぎないようにしていました。でも、日本の感覚でやると、簡単にかわされちゃって。対応するのはとても難しかったです。

--サーバーの違いは

まだ、あまりよくわからないのですが…。接続状況が5ピンにならず、4ピンで少し悪く、やりにくかったです。

--初の海外大会への出場ですが、海外移動は大変

言語が通じないのが大変ですね。空港の入国審査でも、何を言っているのかわからなくて。(笑)

--ルーマニアの食事は

問題ありませんでした。

--世界の高い壁をどう乗り越える

まだ、その解決策は見当たらないです。正直、どうすれば勝てるみたいな、イメージが湧いていません。

--また海外大会に参加したい

参加したいです。

--ありがとうございました

ありがとうございました。

(取材●Akira Kurosawa)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)