株式会社スポーツITソリューションは12月27日、人気サッカーゲーム『FIFA』の2017年世界ベスト4の実績を持つJavier “Janoz” Muñoz選手(コロンビア)と契約し、同社が既にマネジメント契約を締結しているナスリ選手とともにFIFAチーム「Prime NINJA」を結成したことを発表した。

同プロジェクトは来年1月より開催される、eスポーツ版のクラブW杯「FIFA eClub World Cup 2019™」への参戦を目的としている。


(写真:Prime NINJAのロゴ)

■FIFA eClub World Cup 2019™について

「FIFA eClub World Cup 2019™」はEA SPORTS FIFAシリーズによるeスポーツ版クラブW杯。個人戦となる他のFIFA世界大会と違い、FIFAのeフットボールマネジメントシステムに登録された正式チームによる世界大会となる。

また、チームはPlayStation4、及びXbox Oneの両コンソールともに1選手ずつを登録する必要がある。勝敗は両コンソール1試合ずつの合計スコアにより争われる。

来年1月7日より、各大陸ごとのオンライン予選大会が行われる。各予選を勝ち抜いた16チームが2月9日から行われるオフライン決勝大会に進み、世界一のFIFAチームが決定される。なお、大会賞金総額は10万USドル(約1,109万円)。

■FIFA eClub World Cup 2019™大会ページ
https://www.fifa.com/fifaeworldcup/fifa-eclub-world-cup/

■Javier “Janoz” Muñoz選手

Janoz(ヤノス)選手は26歳にして豊富な経験を持つコロンビア出身のFIFAプロ選手である。

2017年の世界一を決めるFIFA Interactive World Cup 2017™(現在のFIFA eWorld Cupの前身)でベスト4の実績を誇り、今年3月には月間ランキング世界1位を獲得している。

■WEB(ナスリ)選手

ナスリ選手は19歳にして、またたく間に国際経験豊富な日本トップFIFA選手の1人となった。

今年5月、初めて出場したオフライン大会となる「明治安田生命eJ.LEAGUE」にてベスト4に入ると、翌月オランダ・アムステルダムで行われた自身初の世界大会「Global Series Playoffs」でベスト4入りし世界を驚かせた。そして同年8月、イギリス・ロンドンで開催された「FIFA eWorld Cup 2018」に東アジア人選手唯一の出場を果たした。

『FIFA 19』シーズンに入っても同年10月、「Continental Cup 2018 Presented by PlayStation® 日本代表選考会」にて優勝。同月、フランス・パリで行われた本戦でベスト8入りするなど好調を維持し、来年1、2月に開催される3つの世界大会に参加を決めている。

(編集●VAMOLA eFootball News編集部)