12月3日、年末の恒例行事、各メディアでも大きく取り上げられる、現代用語の基礎知識選「2018ユーキャン新語・流行語大賞」が発表された。日本で一年間に話題となった新語・流行語を選び、その言葉に関わった個人・団体などを表彰する賞である。

ノミネートされた30の新語・流行語より、「eスポーツ」が見事トップテン入りを果たした。eスポーツを代表して、第18回アジア競技大会ウイニングイレブン金メダリストのレバ(相原翼)選手と一般社団法人eスポーツ連合・会長の岡村秀樹氏が登壇した。

大賞に選ばれたのは、平昌オリンピックの女子カーリングで話題となった掛け声「そだねー」。その他、ノミネート入りやトップテン入りを果たした言葉は、スポーツに関わるものが多く、今年はスポーツに注目が集まっていたことがよくわかる。

レバ選手も下記の通りツイートした。

eスポーツ元年とも言われた今年、トップテン入りを果たしたことの意義は大きい。ただ、新語・流行語に選ばれると、その翌年は厳しい状況になるというジンクスめいたものが囁かれていたりもする。来年、それぞれのゲームタイトルコミュニティでしか知られていなかった言葉などがノミネートされれば、真のeスポーツ発展を証明することになるであろう。

(文●fanatic wilkinson’s)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)