『FIFA 19』によるeスポーツの世界大会「FUT Champions Cup」が11月30日から3日間、ルーマニアの首都ブカレストで開催された。世界22カ国から64名の選手が集結。日本からはアジア・オセアニア予選を突破した、つぁくと選手(Blue United eFC)が出場した。

つぁくと選手は予選ラウンド第4戦、実力派で知られるスペインのGravesen選手と対戦。2ndレグ中盤までタイゲームの展開であったが、最後はミスなどが重なり敗戦を喫した。

VAMOLAは試合後、Gravesen選手にインタビューを敢行し、つぁくと選手との対戦や同大会を振り返ってもらった。

――つぁくと選手との試合を振り返って

つぁくと選手と戦ってみて、特別な相手だと思ったよ。もちろん、僕はヨーロッパ人との対戦は豊富だけど、アメリカやアジアの選手にはヨーロッパ人とは違ったプレーの感覚があるね。

特に彼の攻撃には驚かされたよ。実際に良いゴールを奪われてしまった。ただ、彼のディフェンス面には、つけ入る隙があったかな。というのも、彼はセンターバックにプレスを仕掛けさせていたからね。そのエリアを上手く活用して、チャンスを作り出すことができたと思う。とは言え、難しい試合だったよ。

――つぁくと選手の強さは

パスだね。ポゼッション時のパスが良かったね。彼にポゼッションされた時は、ボールを奪おうにも守備がとても難しかったよ。

彼のショートパスがとても効果的だった。それに、選手間の距離と角度がとても良かったんだ。僕がボールを保持している時は、僕も良い攻撃ができた。だけど、彼がボールを持っている時は、彼の時間が続いた。そうした、ポゼッション時の攻撃が彼の強みだと思うよ。

――また対戦する機会があると思います

楽しみだね。今回も1、2点差という僅差の好ゲームで、お互い良いゴールがたくさんあった。それに彼はナイスガイだしね。試合後に、「素晴らしい試合だったね」と声をかけてくれた。僕と対戦したことに対して「緊張した」と言っていたかな。でも、それは僕も同じで、常にプレッシャーを感じながら試合をしているよ。

――ブカレスト大会を振り返って

年々、FUT Champions Cupは難しいトーナメントになってきているね。上手く調整してきたとは思うけど、よりプレイのバリエーションに幅を持たせる必要がある。また、異なる複数のフォーメーションを機能させることも必要だ。

今大会は負けてしまったけど、決勝戦まで進んだブラジル人のTore選手と対戦することができた。3人のヨーロッパ人選手、日本人のつぁくと選手とも戦うことができた。今シーズンに必要な「経験」は積めていると思う。

ただ、どの試合も3点から5点は多く得点を奪うチャンスがあった。もっと集中力を持続させて、メンタル面で強くなることが現在の課題だと思う。

――Gravesen選手はDux Gaming Teamというeスポーツチームに所属していますね。スペインや欧州では、実際のフットボールクラブがFIFA選手を所属させている現状があります。これに対して何か考えは

僕はDux Gaming Teamが提供してくれる環境にとても満足しているよ。まず、何よりも試合に集中することをサポートしてくれるんだ。NIKE社がパートナーであることも心強いよ。彼らは、メンタルトレーニングやフィジカルトレーニングのメニューを提供してくれるんだ。

ただ、ラ・リーガが始めた新しいeスポーツリーグには、実際のフットボールクラブしか参加できない。だから、Dux Gaming Teamはそうしたリーグやトーナメントに参加できない。それによって、勝利ポイントや賞金、それに対戦経験の機会損失が生まれている。

将来、実際のフットボールクラブやeスポーツチームという垣根を超えて「誰がFIFAで一番強いのか」というシンプルな状況になれば良いと思うよ。

――VAMOLAでは、欧州のPESとロケットリーグの状況も追っています。プレイはしますか

僕のロケットリーグのレベルは酷いものだよ(笑)。PESは大好きなんだ。PESをプレイするプロ選手に多くの友人がいるし、それこそFCバルセロナに加入したAlex Alguacil選手とは仲良しだよ。

今はFIFAの方が僕に強みがあるからやっているけど、FIFAで一定の成績を収めることができたら、PESに取り組むことも考えるよ。

なお、つぁくと選手は予選ラウンドを1勝3敗とし、残念ながら決勝トーナメント進出とはならなかった。

同選手は、12月14日から始まる「FUT Champions Cup」ロンドン大会の出場権もすでに獲得している。また同大会には、日本から黒豆選手(CYCLOPS athlete gaming)も出場することが決まっている。

VAMOLAでは、同大会の現地取材を敢行する予定である。

(インタビュー・文●VAMOLA eFootball News編集部)