11月10日、日本プロ野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント社が共催となり、野球のeスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018(以下eBASEBALL)」が開幕した。

eBASEBALLには、eスポーツ選手が計36人の参加。ドラフト会議により各3選手ずつが12球団に所属し、セ・パ両リーグのeペナントレースを戦う。eペナントレースは11月から12月にかけた全5節。各節は3試合ずつ行われ、2勝したチームがその節の勝者となる。

セ・パ両リーグの上位3チームによるeリーグ代表決定戦を経て、来年1月12日のe日本シリーズで日本一を決める。なお、選手の報酬は総額1,200万円とされ、同リーグの出場者は「プロ野球eスポーツ選手」と位置づけている。

今回、サッカーゲームを専門とするVAMOLAがeBASEBALLの取材を行った理由は、同リーグの巨人軍に所属する「てぃーの選手」にある。同選手は、eBASEBALLのプロ選手として活躍しながら、同時に『ウイニングイレブン』(以下、『ウイイレ』)の選手も目指している。そこでVAMOLAは、11月24日に開催されたeBASEBALL第3節「中日対巨人」の試合を訪れ、試合後、てぃーの選手の単独インタビューを敢行した。

以下、一問一答。

■巨人軍てぃーの選手インタビュー

--てぃーの選手は、『実況パワフルプロ野球』(以下、『パワプロ』)だけではなく『ウイイレ』の選手活動も行う「二刀流」を目指していると伺っています。てぃーの選手にとって『ウイイレ』に対する想い入れは?

『ウイイレ』は、もう小学生の頃、プレイステーションの時代から、親が買ってきてくれたので、よくプレーしていました。友達が家に来たり、また友達の家に遊びに行ったら、「とりあえずやろうぜ」と、軽いノリで皆で楽しむことができるゲームだと思います。今でも、それは変わらないです。『ウイイレ』は本当に楽しいです。

--どのあたりに特に楽しさを感じていますか?

むかしはそれほど詳しく無かったのですが、今は海外サッカーが大好きになりました。特にロシアW杯でも活躍したクロアチア代表や、そのFWマンジュキッチがお気に入りです。「大好きなチームと選手たちを使って戦える」というところが楽しく、魅力的です。

--『パワプロ』と『ウイイレ』をプレーする上で、要求される能力の共通点、また違いはありますか?

『パワプロ』を突き詰めれば、当然、必要とされる技術は色々とあります。しかし、基本的には(タイミングを合わせることを中心とした)単純な操作なんです。けれども、『ウイイレ』は、(選手の動かし方に)特有のテクニカルな操作がかなり要求されます。その意味で、『ウイイレ』の方が、より練習量が必要と思います。そうした点もあって、まだ自分は『ウイイレ』に関しては、一線で戦えるほどはやり込めていません。

--「『ウイイレ』したい」というツイートをよく拝見します

本当に大好きなんです。暇があれば『ウイイレ』をしたい(笑)。特にマスターリーグをやり込みたい。ただ今はeBASEBALLが開催中で、ここでの選手活動をメインにしています。練習する時間をしっかり確保しないと、選手として活躍できるレベルに行けないのが現実だと思います。

--「二刀流」は非常に魅力的なプロフィールになると思います。例えば、『ウイイレ』が来年の茨城国体の文化プログラムに採用されています。予選出場に対する意欲はいかがでしょうか。

もし本格的に挑戦するなら、そういった(国体のような)舞台を目指したい。eBASEBALLが一段落ついたら、練習できる環境を整えたいと思います。まずは練習からですね。

--eスポーツ選手にもフィジカルトレーナーをつけて身体をケアする動きがあります。てぃーの選手は何かケアは行っていますか? また、『パワプロ』で一番疲労する箇所はどこになりますか?

実は身体の中でお腹が弱いのです。ですから、お腹に良いものを摂取しようとしています。例えば、刺激物を取らない、脂っこいものを取らないなど。ただ、そういうレベルの話に留まっているのが現状です。

『パワプロ』をやっていて疲れることは基本的に無いですね。ただ1つ挙げれば、やはり目ではないでしょうか。バッティングの時に、0コンマ何秒で出現したボールを追う動きが、『パワプロ』には求められていますので、やはり疲労すると思います。

目の話に関連すれば、視力に良いとされるブルーベリーなどの食品の摂取や、動体視力のトレーニングを検討しています。今後はそうした努力もしていきたいです。

--本日は素晴らしいホームランがありましたが、結果は残念でした。てぃーの選手のeBASEBALLでの良い成績と、将来の『ウイイレ』の活躍を期待しております!本日はありがとうございました。

まずはeBASEBALLの試合がまだ続くので頑張ります。応援よろしくお願い致します。


(写真:第3節は東京千代田区の「イマジンスタジオ」で開催された)

■試合結果

てぃーの選手は開幕戦から2連勝を飾り、巨人軍のエースとして活躍している。開幕戦は阪神ベルガモット選手に対し1対0の投手戦を制す。第2節ベイスターズ戦はヒデナガトモ選手相手に4対3で勝利し、両試合とも1点差で勝ち切る勝負強さを発揮している。

この日、てぃーの選手は中日のm.o.m.o選手と第2試合で対戦。1点を先制されるも、完璧にミートした2本のソロホームランで見事に逆転する。しかし終盤に打ち込まれ、今日は粘り及ばず2対5で逆転負けを喫した。巨人軍も1勝2敗とし、第3節の勝利を惜しくも逃した。

(取材・インタビュー●VAMOLA eFootball News編集部)