第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 福岡代表決定戦・女子決勝。

初の決勝進出となった福工大城東と2年ぶりの全国を目指す西日本短大附の一戦。

試合は第1セットから接戦となるが、

2年生・Wエースの青山と宮本を中心にブロックとコンビバレーで攻めた城東が先取します。

しかし、第2セットは城東がミスを連発し、自滅。西短大附にこのセットを奪われてしまいます。

それでも、自力で勝る城東が第3・4セットと連取し、セットカウント3-1で勝利。

初の全国出場を決めています。

 

解説:宝来麻紀子(元日本代表・福岡春日シーキャッツコーチ)

実況:松尾幸一郎

協力:テレビ西日本