第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 東京代表決定戦・男子準決勝。 

出場枠を3つ持つ東京は、準決勝で勝てば全国出場、負けても最終代表決定戦勝てば出場できます。

インターハイベスト4の駿台学園と、4年ぶりの全国出場を目指す早稲田実業の一戦。

駿台学園は、安定したレシーブからセッター萬羽のトス回しにより、的を絞らせない攻撃を展開。

一方早稲田実業もミドルブロッカーからアウトサイドヒッターに転向した2年生エース・川上を中心に対抗します。

試合は実力で上回る駿台学園が終始リードを保ち、貫録のストレート勝ち。

9年連続11回目の全国出場を決めました。

早稲田実業は最終代表決定戦に望みを繋ぎます。

 

 

解説:前田 健(元カナダ男子代表監督)

実況:西岡 孝洋