第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 大分代表決定戦・男子決勝。 

3年連続の全国出場を目指す別府鶴見丘と、2009年以来の決勝進出を果たした大分南の一戦。

試合は序盤から一進一退の展開。取られたら取り返す、激しいデッドヒートとなります。

第1セット・第2セット共にデュースとなるも別府鶴見丘がもぎ取り、迎えた第3セット。

両エースを変えて臨んだ大分南が取り返し、試合は第4セットへ。

それでも最後は別府鶴見丘がまたもやデュースとなった接戦をものにし勝利。

3つのデュースをもぎ取った別府鶴見丘が試合巧者ぶりを見せつけて、3年連続9回目の全国出場を決めています。

 

解説:二宮 裕和(大分県バレーボール協会 大会委員長)

実況:田邉 智彦

協力:テレビ大分