マクロミルは、「eスポーツ」の浸透具合、興味などについての調査結果を発表した。調査対象は、全国15~49歳の男女合計1,000サンプル。

まず、ゲームのプレイ率を調べたところ、プレイ率は75%で、プレイされているゲームの種類は「スマートフォンゲーム」が63%でトップだった。

「スマートフォンゲーム」と「家庭用ゲーム」についてユーザーの年代を調べた結果では、スマホゲームは10代男性のプレイ率が86%と特に高く、年代が上がるにつれて減少していた。女性は10~30代を中心に高く30、40代では男性より高い割合となっている。スマートフォンゲームのプレイ頻度は、64.2%を占めた「ほぼ毎日」が最多。週に1日以上は7.9%だった。

次に、説明書きを提示した上で、eスポーツの認知状況を調べた。その結果、全体の26%が「どのようなものか知っている」と回答。「名前を見聞きした程度」37%と合わせ、認知率が64%あった。

男女別に見ると、認知度は女性よりも男性が高く、10~20代男性では80%を超えている。eスポーツの観戦経験率は全体の10%。「eスポーツは今後日本で浸透すると思うか?」という設問に対しては、54%が「浸透すると思う」と回答している。

「eスポーツの観戦ができるなら観戦したいか?」という設問には、38%が「観戦希望」と回答。観戦の理由は、42.2%を占めた「上手い人のプレイを見たいから」が最も多かった。続いて、「プロのプレイを見たいから」36.3%、「興奮する・盛り上がるから」27.5%。

動画共有サイトでのゲームプレイ動画視聴率は45%となっており、その理由は、44.1%が回答した「暇つぶし」がトップとなっている。続いて、「上手い人のプレイを見たい」33.1%、「攻略法やテクニックを学びたい」32.8%だった。

eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」

eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」

eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」

eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」

eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」

eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」

eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」

eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」