11月18日、京都競馬場では秋のマイル王決定戦・GIマイルチャンピオンシップ(芝1600m)が行なわれる。

 今年は、同レース連覇を狙うペルシアンナイト、昨年の皐月賞馬アルアイン、5月のNHKマイルC馬ケイアイノーテック、6月の安田記念馬モズアスコットなど、7頭のGI馬が勢揃い。3歳馬が4頭登録しているように初対戦の馬も多く、興味深い一戦だ。

 勝ち馬の血統を見ると、過去の勝ち馬と似たような血統の馬が勝つことが多い。父系で言うと、サンデーサイレンス産駒は2003年デュランダルから2007年ダイワメジャーまで5連覇を果たしていて、ディープインパクト産駒は過去6年で3頭が勝利を収めている。今年の出走予定馬からも、過去の勝ち馬と共通点のある馬を探してみよう。

 最初に挙げたいのはアエロリット(牝4歳/美浦・菊沢隆徳厩舎)だ。



昨年のNHKマイルCを制したアエロリット

 このレースでは勝ち鞍のないクロフネ産駒だが、いとこミッキーアイル(父ディープインパクト)は2016年の勝ち馬。しかもアエロリットは、ミッキーアイルと同じく、3歳時にGINHKマイルC(東京・芝1600m)を勝っている。脚質的にも、2頭とも逃げまたは先行が得意と似通っている。

 アエロリットの牝系は世界的にも活躍馬多数の名牝系で、日本ではハーツクライ(有馬記念、ドバイシーマクラシックで勝利)、ラッキーライラック(最優秀2歳牝馬)、ノンコノユメ(フェブラリーSで勝利)などが出ている。ハーツクライ以外の4頭は芝、ダートを問わずにマイルのGIを勝っており、この距離は得意条件だ。

 4歳を迎えた今年、GI安田記念(東京・芝1600m)でクビ差2着、そして前走のGII毎日王冠(東京・芝1800m)では、約4カ月ぶりの休み明けながら、1分44秒5の好時計で逃げ切っている。かなりの地力強化が感じられ、2つ目のGI制覇の可能性は十分だ。

 続いてはジュールポレール(牝5歳/栗東・西園正都厩舎)。本馬は最も近い間柄と言える兄のサダムパテック(父フジキセキ)が、2012年のマイルチャンピオンシップ勝ち馬という血統だ。さらに父ディープインパクト馬が2013年トーセンラー、2014年ダノンシャーク、2016年ミッキーアイルと3頭の勝ち馬を出しており、父系も母系も関連性が高い。勝てばこのレース初の”兄妹制覇”となる。

 ジュールポレールはこの春、5歳にしてGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)で重賞初制覇。前走のGII府中牝馬S(東京・芝1800m)は0秒3差の4着と敗れたが、ヴィクトリアマイルを勝った時もGII阪神牝馬S(阪神・芝1600m)5着から巻き返しており、叩いての変わり身に期待したい。

 レーヌミノルは、父ダイワメジャーが2006年と2007年に、母の父タイキシャトルが1997年と1998年にこのレースを勝利している。さらに祖母の父ロイヤルスキー(USA)は、1999年の勝ち馬エアジハード(父サクラユタカオー)の母の父で、曽祖母の父テスコボーイも1995年トロットサンダー(父ダイナコスモス)の母の父。マイルチャンピオンシップとはかなり関連性が高い血統構成となっている。

 同馬は昨年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)勝ち馬で、同レース以降は勝利がないが、昨年のマイルチャンピオンシップは0秒2差の4着と健闘していた。3歳牝馬三冠戦線を歩み、秋3戦目だった昨年に比べ、今年は短距離~マイル戦線に狙いを定め、前走のGIIスワンS(京都・芝1400m)から秋2戦目というローテーションも好感が持てる。

 春のGIは高松宮記念(中京・芝1200m)7着、ヴィクトリアマイル10着、安田記念12着といいところはなかったが、ここで通用してもおかしくない力の持ち主だ。昨年の桜花賞もマイルチャンピオンシップも稍重(ややおも)馬場だったので、馬場が渋れば好走が期待できそうだ。勝てば、牝馬クラシックホースとして初のこのレース勝ち馬となる。

 以上、血統的アプローチから引き出された3頭は奇しくも牝馬ということになった。2008年のブルーメンブラット以来10年ぶりとなる牝馬による勝利を期待したい。