*トップ写真:福澤朗アナウンサー

28日、卓球・TリーグのT.T彩たまが、さいたま市のホテルで「決起パーティ」を開催した。パーティには、ファンやスポンサー企業、業界関係者ら約700名が一同に会し、球団の結成を祝福した。

無類の卓球好きとして有名な福澤朗アナウンサーが司会進行を担当。おなじみの「ファイヤ〜!!」の掛け声でパーティの開宴を宣言し、会場をいきなり盛り上げた。



パーティ前に報道陣向けの会見が行われ、来年のT.T彩たまU7チーム立ち上げに先立って、3歳の平 鈴莉空(たいら りりあ)ちゃん(写真中央)と育成契約を締結したことが発表された。写真:伊藤圭

また、乾杯の発声をしたTリーグ・松下浩二チェアマンは、10月24日の男子開幕戦での対戦カードに触れ、「木下マイスター東京は水谷、張本、松平(健)、大島らを擁する日本代表軍団。一方のT.T彩たまは、吉村、岸川、平野らの有力日本選手に加え、香港、韓国、ポルトガルという海外各国のエースを集めたチームで、サッカーのレアル・マドリッドのよう」と評した。



乾杯の発声をするTリーグ・松下チェアマン

パーティでは吉村真晴/平野友樹vs岸川聖也/アポロニア(ポルトガル)ペアによるダブルスのエキシビジョンマッチに加え、チームソングの披露や明治大学応援指導部によるチアリーディングなど、盛りだくさんの内容となった。



ステージ前には、常に人だかりが出来ていた。

パーティでは吉村ら選手自らがスポンサー企業を挨拶周りして直接感謝を伝えたり、来場者にチケット販売を行ったりと、開幕を約4週間後に控えた国内卓球新リーグの成功に向け、アスリート自身が積極的に動く姿も見られた。

文・写真:ラリーズ編集部