慶應義塾大学 - 明治大学
勝: 高橋佑 敗:入江
本塁打:慶大・嶋田 1号(9回)/明大・北本 1号(2回)

 

2回に明大が先制するも、慶大が9回に本塁打で逆転。1点を争う好ゲームを制した。

開幕カードの東大戦で勝ち点を挙げた慶大の先発は昨年9/16慶東1回戦以来の高橋佑(③川越東)。一方、いずれのゲームも接戦となった法大戦は1分2敗と悔しいスタートとなった明大の先発は、法明2回戦で好投した竹田(①履正社)。大方の予想を裏切る両投手の先発でゲームは幕を開ける。

まずゲームが動いたのは2回裏。明大先頭打者・北本(③二松學舍大附)が高橋佑の初球を左中間スタンドに運ぶソロホームランで先制。どうしても秋季リーグ戦初勝利が欲しい明大にとっては貴重なホームランとなる。

その後も両先発投手の好投は続く。5回終了まで高橋佑は3安打、対する竹田も2安打に抑える投手戦となった。先に動いたのは明大。好投の竹田に代打を送り、6回からは入江(②作新学院)がリリーフする。

慶大打線は入江の代わり端を攻める。内野安打で出塁した郡司(③仙台育英)をセカンドに置き、今季好調の中村(③中京大中京)がセンター前にタイムリーヒットで同点とする。中村は早くも今季7打点目。入江はこの回失点するものの、その後は慶大打線を8回終了まで完璧に抑え、打線の援護を待つ展開となる。

このまま延長戦に突入するかと思われる、両チームともなかなか追加点が遠い展開の中で、ゲームは一振りで動く。9回の慶大先頭打者・嶋田(②樹徳)が、入江の投じた2球目をレフトスタンドに運ぶ貴重な勝ち越しソロホームラン。この試合初めて慶大がリードする展開となる。

明大も簡単には負けられない中で、善波監督は代打攻勢を図る。高橋佑をリリーフした高橋亮(③慶應湘南藤沢)から、最初の代打・内山(③静岡)が内野安打、続く代打・佐野(④広陵)が四球で出塁し、1死1・2塁とする。一打同点、長打で逆転となるチャンスを迎えるも同じく代打の喜多(③広陵)、森下智(④米子東)が空振り三振に倒れ万事休す。

慶大は開幕カードに続く勝ち点に向けて先勝、そして明大は初戦の引き分け以降、3連敗。4季ぶりの優勝を目指す明大にとっては絶体絶命のピンチとなった。