2018年夏より、スポブル編集部スージーは「自由研究」を始めました。

自由研究のテーマは「オールスポーツ」。「スポーツ」と名前のつく、ヒト、コト、モノ、全てにスポットをあて、独自の視点で時には主観的に分析する「編集部スージーの自由研究室」を立ち上げました。スポブルで24時間配信中の本格スポーツニュースの箸休めとして、よろしかったらポチッと遊びに来て頂ければ嬉しいです。

ということで、「編集部スージーの自由研究」第六回目のテーマは、こちら。

 

「東京ゲームショウ2018の歩き方〜eスポーツ中心編」

東京ゲームショウ2018開催中の幕張メッセ

さてさて今年も盛り上がってます、東京ゲームショウ。およそ25万人の来場者が予想される、一大イベント。筆者・スージーも足を運んでまいりました。

もちろんお目当は、eスポーツ。事前にネットや雑誌で予習をしてから、いざ幕張へ。

 

 

・・・すごい人、人、人(^c^)

 

早速、幕張メッセ入り口でゲームショウMAPを広げ、まずはスージー注目のKONAMIさんブースへ。

5番ホールから入ってすぐ、KONAMIさんの文字が見えてきましたよ〜。

編集部スージー注目!KONAMIさんブース

どーん!!デッカーーーーーい!!

 

ブースというよりも、ライブハウスみたいなでっかーーいブースです。ゲームショウのKONAMIさんブースには、ステージの他に生配信ブースや体験コーナーなど、盛り沢山。

KONAMIチャンネル生配信も幕張から

一般公開日には、「パワプロ」eアスリート選手によるエキシビションマッチも開催され、ますます盛り上がりそうな予感。

ウィニングイレブンのコーナーには、あのベッカム様の特大パネルもありました。

ふむふむ、これは相当楽しい。

ビジネスデイには、Jリーグの村井チェアマンも来てましたしね。ウィニングイレブン、って凄いなぁ(ー〜ー)

ベッカム様!ウィニングイレブン並ぶべし

そんなこんなで、スージーは幕張メッセの中をぐるぐると歩き、いよいよあの場所へ。

それは!

 

「e-Sports X」

 

一旦、外へ出て渡り廊下で、9−11ホールへ

幕張メッセの入り口に戻って、いざ9-11ホールへ。

これ、参考になるかわかんないですけど「e-Sports X」が見られる場所は、普段ライブとかイベント行われてるあっちのホールのほうです。

さてさて「e-Sports X」について、お話しますと。

「e-Sports X」とは、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)主催の2つの特設ステージ。赤と青、2種類のeスポーツ対戦ステージのこと。

デッカーーーーーい。

 

「e-Sports X」は、「BLUE STAGE」と「RED STAGE」と2つのステージに分かれていて、それぞれ550の客席からは「TGS2018熱戦version」を目撃し放題。

 

「BLUE STAGE」は、クールな戦いのイメージですね。

「RED STAGE」は、燃え上がるような戦いのイメージみたいな感じ。

どちらも勝負の世界ですからね。勝敗は最後まで判りませんし、白熱の勝負だからこそ幕張で目撃したいものです。

公式発表によると、以下の対戦が見られるそう。

___

「e-Sports X」では、eスポーツの人気ジャンルである対戦型格闘ゲームやFPS(ファースト・パーソン・シューティング)のほか、スマートフォンアプリのゲームなど、大人から子供まで楽しむことができる幅広いジャンルで競技が繰り広げられる。

___

 

凄すぎる!!

 

「e-Sports X」なんども言いますが、この場所は幕張参戦の皆さんなら、、、マストで行ったほうがいいです。

貴重な展示品と記念撮影も楽しい

他にもeスポーツ関連のブースは、盛り沢山。

有名ゲーム企業のブースから学生さん運営のほのぼのブースまで、本当に沢山の場所がありますので、時計とMAPをにらめっこして、お気に入りのブースを見つけてくださいね。

 

海外のブースを覗いてみても、異文化交流で楽しいかもしれません。世界に広がるeスポーツの魅力、TGS2018の会場で2日間ぜひぜひ体感して下さいね。この秋、スージーがガチにおすすめいたします。

eアスリート選手を応援!東京ゲームショウのお楽しみの一つ

ちなみに情報ですが、今年もゲームショウはフードコートも充実。

牛タンの行列、唐揚げの行列、海鮮丼の行列、どこに並んでも美味しそう(^^)

フードコートも充実

そして、ゲームショウには超絶可愛いお姉さんが超いっぱいいますので、カメラやスマホの充電状況も要チェックです。KDDIさんの充電スペースは、重宝しそうです。

充電に困ったら充電ブースへGO
たまドラにも逢えるゲームショウ(おまけ画像)

編集部スージーの自由研究は、まだまだ続きます。

 

取材・文/スポブル編集部 スージー

 

スージーのつぶやき:幕張メッセへの移動は、JR海浜幕張駅が便利ですが、TDLとの混雑が苦手な方や、京葉線の東京駅乗り換え通路を歩きたくない方。帰りは、スージー的には、JR幕張駅からのアクセスもおススメです。幕張メッセ入り口の「メッセ中央」というバス停から幕張行きのバスも出ていますし、ちょっと豪華にタクシー移動しても千円前後。幕張駅近く、千葉銀行はす向かいの「ベイメロンパン」という焼きたてメロンパンも美味しいです。

「編集部スージーの自由研究」とは?

テーマを「オールスポーツ」に設定し、毎回スポーツと名前のつく、ヒト、コト、モノ、全てにスポットをあて、独自の視点で時には主観的に分析する研究室。スージーは、東京都渋谷区のスポーツブル編集部に勤務中。現在は、「スポブル」内の「地域」「サッカー」ページで、J.LEAGUE関連記事「Jの部屋」取材&コラムを担当中。本名は、鈴木といたって普通の日本人。スージーの由来は遥か昔、FMラジオ局でAD見習い時代に外国人のDJさん達が「スズキ、ニホンゴヤヤコシイ。ユーアー、スージー!」と突如命名されたもの。好きな食べ物は、皮ごと食べられる種無し葡萄ナガノパープル(いらない情報)。

___

【過去の自由研究】

編集部スージーの自由研究~eスポーツ激アツ編~