明治大学 2-3x 法政大学
勝:石川 敗:入江
本塁打:なし

 

昨日と同様の一進一退の攻防の中、法大が9回裏に3連打でサヨナラ勝ち。ライバル・明大に先勝した。

 

まずゲームが動いたのは初回。明大は2死から4番越智(④丹原)のセカンド脇を抜けるセンター前へのヒット、俊足の1塁ランナー逢澤(④関西)は3塁に到達するも、送球がもたつく間に本塁を陥れるビッグプレーでまずは明大が先制する。

 

法大は1・2回にランナーを出すもその後続かなかったが、3回裏に今季2度目の先発となる高田(②平塚学園)が自らのバットでチャンスメークをする。左中間へ2塁打を放ち、宇草(③常総学院)の内野ゴロの間に3塁進塁後、今季絶好調の小林(④中京大中京)が鮮やかなセンター前ヒットで法大は同点に追いつく。続く4回には内野安打で出塁した中山(④履正社)を2塁に置き、7番福田(③大阪桐蔭)が明大・森下智(④米子東)のグラブをはじく強烈な打球を放ち、法大が逆転に成功する。

 

明大はリーグ戦初先発の竹田(①履正社)が6回までこの2失点に抑え、反撃の機会をうかがう。7回表、明大は内山(③静岡)・西野(③浦和学院)の連打で無死1・3塁とすると代打・添田(③作新学院)の内野ゴロの間に、内山が生還し同点とする。

 

その後はリリーフした明大・入江(②作新学院)、法大・石川(②横浜)が相手に攻撃の糸口を与えないまま9回へと進む。石川は明大の9回の攻撃を3者凡退で抑え、味方の攻撃に託す。その裏、先頭の中村(④多良木)が出塁し、つづく川口凌(④横浜)がバスターでライト線に2ベースを放ち、無死2・3塁の絶好のサヨナラのチャンスを迎える。ここで代打・吉岡(④智辯学園)が2-0からの3球目をレフト前に流し、劇的なサヨナラヒットでの幕切れとなった。

 

法大は最終回に引き分けに持ち込んだ1回戦、そして2回戦はサヨナラ勝ちでついに明大に先勝。打撃好調で粘り強さがあるチーム状態を生かし、連勝で勝ち点を獲得したい。一方の明大は、明日の3回戦を必勝態勢で臨み、五分の星に戻したいところだ。