一般社団法人日本eスポーツ連合(以下、JeSU)は16日、2019年1月に開催が決定している国際親善試合「日本・サウジアラビアeスポーツマッチ」の調印式、及び記者会見を行った。壇上にはJeSU会長の岡村秀樹氏、サウジアラビアeスポーツ連盟会長のファイサル・ビン・バンダル・アール・サウード殿下が登壇し、成功に向け固い握手を交わした。

サウジアラビアは、近年「文化・娯楽・スポーツ振興」に力を入れている。今回の親善試合は、ファイサル殿下の発案で、同国とゲーム大国・日本の協業は両国のeスポーツの発展、振興に繋がり、両国間の友好を深めていくのに絶好の機会となることから、開催実現に至ったという。

試合は、なんと海を挟んでの“ホーム&アウェイ”形式で行われ、アウェー戦(サウジアラビア)は、2019年1月18〜19日、ホーム戦(日本)は、2019年1月26〜27日に行われる予定。採用されるタイトルは、サッカーゲームの「ウイニングイレブン2019」、格闘ゲームの「鉄拳7」「ストリートファイターV アーケードエディション」の3タイトルに加え、ほかのタイトルの採用も検討されているという。大会の賞金総額は3000万円で、日本代表の選考方法は後日発表予定となっている。

今大会について、JeSU会長の岡村秀樹氏は、「両国のeスポーツ競技者にとって新たな活躍の場を創り出し、広げていくためにもプロジェクトの成功に向け共に力を合わせ尽力したい。さらにその先の未来としては、アジアのほかの国にも声をかけあって、多くの国が参加する、そういう大会にまで発展させていきたい」とコメント。サウジアラビアeスポーツ連盟会長のファイサル殿下は、「今回のトーナメントは両国のeスポーツ文化を向上させていくための第一歩。今後、両国にとって末永く、素晴らしい関係を続けていける始まりになる大会と信じている」と思いを語った。

来年1月に開催される「日本・サウジアラビアeスポーツマッチ」。この大会をきっかけにどうeスポーツ界が進化を遂げていくのか、注目だ。