【写真提供=共同通信社】6回表パ2死、大石大の二ゴロで9連続奪三振を逃した江川=1984年

ロサンゼルス五輪が開催された1984年。7月24日、ナゴヤ球場で行われたオールスター第3戦で、江川卓(読売巨人)が圧巻のピッチングを繰り広げた。

当時29歳。シーズンの前半は右肩の痛みに悩まされていたが、この日はストレート、変化球とも切れ味抜群だった。セ・リーグの先発・郭源治(中日)の後を受け、4回から2番手で登板すると、福本豊(阪急)をフルカウントからのストレートで見逃し三振、続く蓑田浩二(阪急)はカーブ、さらにブーマー(阪急)はストレートで空振り三振を奪う。続く5回も、栗橋茂(近鉄)をカーブ、落合博満(ロッテ)をストレート、石毛宏典(西武)をカーブで、3者連続の空振り三振で球場を盛り上げた。すると、予定されていた2イニングを延長して続く6回のマウンドにも上ると、伊東勤(西武)をカーブで空振り三振、さらに代打・クルーズ(日本ハム)にはこの日最速の147キロのストレートで空振り三振。再現不可能と言われていた「1971年江夏豊の9者連続三振」の大記録達成にリーチをかけたのだった。
 

そして迎えるは、9人目の打者、大石大二郎(近鉄)。スタンドから「あと一人!」の大合唱が沸き起こる中、自慢のストレートを2球続けて2ストライクと追い込んだ。「あと1球!」。だが、捕手・中尾孝義(中日)のサインに首を振った後に投じた外角カーブに、大石が懸命に腕を伸ばしてバットに当て、結果はボテボテのセカンドゴロ。アウトにはなったが、9者連続三振達成ならず。球場は大きなため息に包まれたが、その後は拍手喝采。江川は苦笑いを浮かべながらベンチへと戻って行った。プロ入りの経緯などからアンチも多かった江川だが、この日のピッチングには誰もが手に汗握り、胸を躍らせた。今年の「マイナビオールスターゲーム2018」でも新たな伝説が生まれるのか。新時代の投手陣たちの奪三振ショーに期待したい。