今年が初開催となった国際大会のネーションズリーグ。全日本女子バレーボールチームは決勝ラウンドには進めなかったものの、9月に行なわれる世界選手権に向けて多くの収穫と課題を得ることができた。

 なかでも”絶対エース”の誕生に期待を抱かせたのが、全日本デビューを飾った20歳の黒後愛だ。




全日本デビュー大会となるネーションズリーグで活躍した黒後愛

 180cmの新星は、下北沢成徳高校を卒業してVリーグの強豪である東レアローズに入団すると、2017-2018シーズンはルーキーながら攻守で活躍。最優秀新人賞を獲得した。そして、全日本デビューとなったネーションズリーグでは、6月7日のタイ戦で29得点を挙げるなど、大会が進むにつれて大器の片鱗をのぞかせた。

 中田久美監督からも「エースとしての成長を期待している」と期待を寄せられる黒後に、初のVリーグで得た手ごたえ、全日本での今後について聞いた。

――まず、Vリーグ1年目を振り返っていかがですか?

「高校時代と違い、全日本で世界と戦ってきた選手や、Vリーグで何年も経験を積んでいる選手がいるので、その選手たちと戦えたことは自分にとってプラスになりました。1年を通して出場できたことがすごく大きかったです」

――リーグの最中に、元東レアローズの迫田さおりさんにアドバイスをもらったと聞きましたが。

「1レグで対戦した各チームにデータをとられて、対策されてスランプに陥ってしまったんです。そんなときにリオ(迫田)さんに『みんながつないだボールは、ミスしても打ち切らないと』とゲキを飛ばされました。

そこで目が覚めて、『どんなに決まらなくても、トスを呼んでアタックを決めるのが自分の役割。ブロックがきても弾き飛ばすくらいじゃないとだめだ』と腹をくくり、スランプから脱出することができました」

――相手チームからサーブで狙われることが多かったですね。

「サーブを受ける本数は、多ければ多いほどいいと思っています。自分が狙われるほうが崩されずに返せると思うので。これからは、どんなに打たれても全部Aパス(セッターが動かずにトスアップできるサーブレシーブ)で返せるようにしたいです」

――プレーオフであるファイナル6も戦いましたが、レギュラーラウンドと違うと感じたところはありますか?

「レギュラーラウンドは8チーム総当たりで3巡するので、ひとつ試合が終わっても、『次がある』と思いながら戦っていました。それに対して、ファイナル6は6チーム総当たりで1巡しかしないので、あっという間に終わりました」

――気の抜けないシーズンだったと思いますが、オフはどう過ごしていましたか?

「初めてのオフには、成徳高校に顔を出したり、下北沢を探索したりしました。高校時代は寮生活で街をゆっくり歩くことがなかったので、いろんな発見があって楽しかったです。リーグが終わってからは、同い年でVリーグに入った荒谷栞(あらたに・しおり)や東谷玲衣奈(とうこく・れいな)たちと遊んだりもしましたね」

――荒谷選手、東谷選手らと戦った昨年の世界ジュニア女子選手権では銅メダルを獲得し、今年は全日本デビューを飾りました。アンダーエイジカテゴリーでプレーしていたときと比べて、自身に変化はありましたか?

「アンダーエイジカテゴリーでは、同世代や成徳でチームメイトだった選手とプレーすることが多かったので、お互いのプレースタイルがある程度わかった状態からチームを作っていきました。メンバーが集まった時点で、『こういうチームになりたい』というイメージができていたんです。

 でも、全日本では初めて一緒にプレーする選手がほとんどで、しっかりコミュニケーションをとっていかないと自分の意思が伝わりません。積極的に自分から声をかけていこうという意識が、一番変わったところだと思います」

――全日本のなかでよく話をする選手はいますか?

「やはり同じ東レのジュリさん(堀川真理)やジンさん(田代佳奈美)、あとは戸江真奈さん(久光製薬スプリングス)ともよく話します。真奈さんは合宿の最初のミーティングのときにすごく緊張していて、 みんなが書類と筆箱を持ってきていたのに、 真奈さんは書類と歯磨きセットを持ってきたんです。『え、歯磨きセット?』と聞いたら『間違えたー!』と、顔が真っ赤になって(笑)。年齢では真奈さんのほうが4つ上なんですが、それ以来すごく仲良くなりました」

――中田監督ともコミュニケーションは取れていますか?

「バレーの話はもちろんですが、久美さんとはそれ以外の話もたくさんします。私が実家に帰ったことが話題になったときは、久美さんが私の父と昔からの友人なので、『私の悪口を言ってたでしょ(笑)』と冗談を言われることもありました。

 世間では厳しいイメージがあるかもしれませんが、久美さんはとても優しい方です。私自身は高校時代までは男性の監督のもとでプレーしていたので、そこも新鮮です。この前は、『いい美容室に行ってきなさい。紹介してあげるから』とも言われました(笑)」

――身だしなみについても指導があるんですね(笑)。

「久美さんは、『私をどうあか抜けさせるか』というのも課題にしてくださっているみたいです(笑)。でも、久美さんが行っているようなおしゃれな美容室は『私がそこに行ってもいいのかな』って気後れしちゃって。今は行き当たりばったりでお店を選んでいるんですが……。久美さんオススメの美容院に行くべきか悩んでいます」

――プレー面についてはどんな話を?

「ディグ(スパイクレシーブ)で足首の力を抜くように言われたことはよく覚えています。そこを指摘されたのは初めてだったので」

――攻撃面では、昨年のチームで少なかったバックアタックも期待されていると思います。黒後選手の大きな武器ですよね。

「バックアタックは、好きか嫌いかと言われたら好きです(笑)。私がそこで得点を決められるようになればフロントの選手を助けられるので、積極的に打っていきたいです」

――最後に、今後の意気込みを聞かせてください。

「東京オリンピックが2年後に迫っていますし、今年は世界選手権もあります。メンバーに選出していただいたからには、やはり試合に出ていいプレーをしたいという気持ちは強いです 。

 世界のトッププレーヤーの高さやスピードを体感しながら、自分の最大限の力を出していこうと思います。そこで潰されても這い上がればいい。とにかく、自分の100%を世界相手にぶつけていきます!」