「去年とは全く違う」
 ヴィリー・ブリッツ主将は、試合前日会見で言葉に力を込めた。
 6月のテストマッチ期間を終え、再開されたスーパーラグビー。サンウルブズはホームのシンガポールでブルズを迎え撃つ。昨年7月1日、アイルランド代表戦を終えた後に臨んだライオンズ戦では、7-94の大敗を喫した。 
 それを踏まえての冒頭の発言だ。

「去年は去年。ヘッドコーチもセットアップも違う。これまでやり続けてきたことをやれば。去年とは絶対に違う」

 明日、NO8としてサンウルブズ初先発を果たす德永祥尭も、昨年のライオンズ戦に先発していた一人だ。
「去年はでかいイベントが終わったような雰囲気になっていて、メンタル的に切り替えが難しかった。今週はサンウルブズ組と代表組のコネクションをとることを大事にしているので、雰囲気はいい。大丈夫だと思います」

 8番は昨季のトップリーグ神戸製鋼戦以来でもある。
「久しぶりに長くやってきたポジションで出られるので、楽しみです。ブルズはセットからプレッシャーをかけてくると思うので、そこをしっかりドミネートして、勢いづかせないプレーができれば」

 腰痛の手術のためチームを離れたジェイミー・ジョセフHCから全権委任されたトニー・ブラウンHC代行は「今のサンウルブズは、どのチームにも勝てる力がある」と言う。
 サンウルブズは2シーズン前は1勝1分13敗、昨季は2勝。今季これまで2勝11敗で、初のシーズン3勝を目指しての再開となる。

「相手がどこだろうと関係ない。今やっていることをしっかりと試合で遂行することが大事。残り試合、全て勝つ」とブリッツ。
 明日のシンガポールの予報は雷雨。最低気温26度、最高気温29度と、梅雨明けの東京よりも低そうだ。ホーム最後の試合、サンウルブズとして初のシーズン3勝目をあげられるか。(文:森本優子)