日本最高峰リーグへの昇格を目指す下部リーグチームの戦い「ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 2018」は、9月8日に開幕することが発表された。

 昨季トップリーグから降格したNTTドコモレッドハリケーンズと近鉄ライナーズ、トップイースト・ディビジョン1と3地域チャレンジ(トップイースト・ディビジョン1・トップウェストA・トップキュウシュウA 各1位同士の総当たり戦)を制して昇格した栗田工業ウォーターガッシュが初参戦。これに、釜石シーウェイブスRFC、三菱重工相模原ダイナボアーズ、中国電力レッドレグリオンズ、マツダブルーズーマーズ、九州電力キューデンヴォルテクスを含む計8チームが競い、トップリーグ勢への挑戦権獲得を目指す。

 今季は自動昇格、自動降格の制度はない。
 9月8日から11月4日にかけておこなわれるファーストステージでは、全8チームが1回戦総当たりを実施(各チーム7試合)。11月後半からのセカンドステージでは、ファーストステージで1位~4位だったチームによるAグループと、同5位~8位だったチームのBグループに分かれて各総当たり戦(各チーム3試合)をおこない、順位を決定する。

 そして、最終順位が1位~4位のチームは2018-2019トップリーグで16位~13位になったチームとの入替戦に進み、勝てば翌シーズンのトップリーグに昇格となる。
 トップチャレンジリーグ5位、6位は残留。同7位、8位になったチームは3地域チャレンジの2位、1位チームと入替戦をおこなう。

※「トップチャレンジリーグ 2018」の全日程は、関東協会、関西協会、九州協会の公式サイトでご確認ください。