明治大学 5 - 6 法政大学
勝:三浦 敗:竹田

追いすがる明大を振り切った法大がサヨナラ勝ち。

打線は初回、2死から中山(④履正社)、福田(③大阪桐蔭)の連打で2点を先制。2回には今季初スタメンの宇草(③常総学院)の本塁打などで2点を加点し、6回にも向山(④法政二)のタイムリーで1点を奪い、5対1とする。9回に同点されるも、その裏に中村浩(④多良木)が2死1,2塁から値千金のサヨナラタイムリーを放った。

投げては、先発・高田(②平塚学園)は8回途中2失点。2番手・朝山(③作新学院)が連打を許し、9回に同点とされるも、3番手・三浦(①福岡大大濠)が逆転を許さなかった。

敗れた明大は最終回に、平塚(④春日部共栄)、小泉(①聖光学院)、渡辺佳(④横浜)の適時打で同点に追いつく粘りを見せるも、ここまで好投を続けてきたリリーフ陣が最後に力尽きた。