グリーン回りのアプローチ。試合で戦っているプロゴルファーの場合、どのような状況からでもきっちり寄せなければ勝負にならないので、クラブ選択の時点からかなり気を遣います。

続きを読む(外部サイトへ)