立教大学 1 - 3 明治大学
勝:森下暢 敗:江口
本塁打:明大・越智 3号(7回)

首位戦線生き残りをかけた正念場の一戦を明大が制した。

両チーム無得点で迎えた4回表、2アウトから先発の森下暢(③大分商)がライト線へタイムリーを放ち1点を先制。7回に同点に追いつかれるも、その裏越智(④丹原)が2試合連続となる2ランホームランを叩き込み再度リードを奪う。

投げては森下が11奪三振を奪う力投で最後までマウンドを守り抜き自身初の完投勝利。大一番でエースが期待通りの好投を見せた。

破れた立大は川端健(①秀岳館)が自身初の先発のマウンドへ。5回を投げ1失点と試合を作り、今季初の6番でのスタメンとなった三井(②大阪桐蔭)がタイムリー3ベースを放ち同点とするも、2番手・江口(③浦和学院)が一発を浴び力尽きた。

優勝の行方は明大と首位・慶大の2校に絞られた。次節両チームが直接対決で雌雄を決する。