ジャクソンビル・ジャガーズ

1巡29位指名DTテイベン・ブライアンフロリダ大学

2巡61位指名WR D.j.チャークLSU

3巡93位指名Sロニー・ハリソンアラバマ大学

4巡129位指名OTウィル・リチャードソン北カロライナ州立大学

6巡203位指名QBタナー・リーネブラスカ大学

7巡230位指名DEレオン・ジェイコブスウィスコンシン大学

7巡247位指名Pローガン・クックミシシッピー州立大学

ジャガーズは1巡でDTブライアンを指名。昨季のスタッツは62タックル10.5ロスタックル5.5QBサックと、同じポジションでタンパベイ・バッカニアーズに12位で指名されたヴィタ・ヴィーアの99タックル15ロスタックル9.5QBサックに比べるとやや物足りず、1巡での指名は予想外。しかしトム・コフリン球団副代表は「ジャガーズにとって非常にいい選択だ。彼は凄まじい運動能力の持ち主。強力なDLを手に入れることができた。チームに合う選手だと思っている」と、高く評価している。

2巡のWRチャークは40ヤード4秒34の俊足を生かし、即戦力としての活躍が期待されている。3巡のSハリソンは多くのアナリストが1巡後半から2巡に指名されると予想していた。バリー・チャーチとタショーン・ギプソンが先発を務める、Sの選手層を厚くできる指名だと言える。

テネシー・タイタンズ

1巡22位指名LBラシャーン・エヴァンスアラバマ大学

2巡41位指名DEハロルド・ランドリーボストン大学

5巡152位指名DBデーン・クリックシャンクアリゾナ大学

6巡199位指名QBルーク・フォークワシントン州立大学

LBエヴァンスはNYジェッツに移籍となった昨先発のエイブリー・ウィリアムソンが抜けた穴を埋める役割が求められる。マイク・ブラベルHCはDEからILBにコンバートしたエヴァンスの多様性を高く評価している。

2巡41位のDEランドリーは今ドラフトで最も破格な指名の一つであると言われている。昨季は足首の負傷で出場試合数が少なく出場した試合でも調子を落としていたが、3年時に22ロスタックルと16.5QBサックを記録している。ドラフトトップクラスのパスラッシャーとして1巡指名が予想されていた。昨季合計43QBサックで5位だったタイタンズ守備がさらに強力なパスラッシュを手にいれたことになる。

ヒューストン・テキサンズ

3巡68位指名Sジャスティン・リードスタンフォード大学

3巡80位指名OLマルチネス・ランキンミシシッピー州立大学

3巡98位指名TEジョーダン・エイキンズ UCF

4巡103位指名WRキーク・コーティーテキサス工科大学

6巡177位指名DEデューク・エジフォアウェイクフォレスト大学

6巡211位指名ジョーダン・トーマスミシシッピー州立大学

6巡214位指名Lbピーター・カランバイースタンフォXード大学

7巡222位指名CBジェレメイン・ケリーサンノゼ州立大学

昨年、QBデショーン・ワトソンを指名するためにクリーブランド・ブラウンズと指名権を交換。その際に今ドラフトの1巡指名権を手放している。さらに2巡を昨季のブラウンズの4巡指名を得るためにトレードにだしているため、3巡からの指名となった。

3巡68位指名のSリードは今オフに加わったアンドレ・ホールと、Sタイラン・マシューとともにセコンダリーを任されることとなる。185センチ93キロのサイズと40ヤード走4秒4のスピードは即戦力となるはずだ。

TEエイキンズは「パス攻撃にとって非常に重要な要素になる」と、ビル・オブライアンHCが太鼓判を押す選手。WRコーティーは昨季93捕球1429ヤード10 TDを獲得。スロットレシーバーとして即戦力となる見込みの選手。キックリターンンでは1回あたり31.5ヤードを記録しているため、リターナーとしても期待できる。

インディアナポリス・コルツ

1巡6位指名 Gクエントン・ネルソンノートルダム大学

2巡36位指名LBダリウス・レオナード南カロライナ大学

2巡37位指名Gブレイデン・スミスオーバーン大学

2巡52位指名DEケモコ・ターレイラトガース大学

2巡64位指名DEタイクアン・ルイスオハイオ州立大学

4巡104位指名RBナヒーム・ハインズ北カロライナ大学

5巡159位指名WRダリウス・ファウンテン北アイオワ大学

5巡169位指名RBジョーダン・ウィルキンズミジジッピ大学

6巡185位指名WRディオン・ケインクレムソン

7巡221位指名LBマシュー・アダムスヒューストン大学

7巡235位指名LBザイア・フランクリンシラキュース大学

Gがドラフト10位までに指名されたのは2013年にアトランタ・ファルコンズが指名したジョナサン・クーパー以来初めて。

「我々にとって必要な選手を選んでいる。周囲の評価は関係ない。ここ5年でどこよりもQBがヒットを受けているのでOLが欲しかった」

コルツのクリス・バラードGMは、ノートルダム大のプロデーしか見に行かなったほどネルソンを高く評価していう。32位のラン攻撃と、QBアンドリュー・ラックの負傷再発の防止、ネルソンは2つの課題を解決するキーパーソンになることは間違いない。

LBレオナードは3年時と4年時に100タックル以上を記録。ミスタックルが多く、喪失ヤードで30位に終わったコルツ守備にとって心強い存在だ。2巡で2人のDEターレイとルイスを指名。ターレイは4年で548回パスラッシュをしかけたうち、16QBサック94プレッシャーと5回に1回はQBサックかプレッシャーを与えた選手。ルイスはDTとしてもプレーした経験があり、年間平均47回プレッシャーを与えている。